子育て情報『"よしお兄さん"がパパになった日。子どもたちが特別な「宝物」に見えた』

"よしお兄さん"がパパになった日。子どもたちが特別な「宝物」に見えた


母の教えで料理が好きになった

── 2018年末にお子さんがお生まれになって、家事分担などは積極的にされていますか?

家事も育児も、なるべくやるようにしています。
もともと一人暮らしが長くて、料理などの家事は嫌いではないので、少しでも奥さんの負担を軽くしたいと思っています。

女性が家事育児をするのは当たり前で、男性がやると「偉い」とか「よくやってるね」とか言われる風潮がありますが、私の中では男も女も同じ。家にいられるときは、同じようにやりたいですね。

特に離乳食作りは志願してやっています。作りだめをして冷凍しておけば奥さんも楽できるので、ある程度の量を一度に作っちゃいます。

"よしお兄さん"がパパになった日。子どもたちが特別な「宝物」に見えた

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

── 離乳食を担当するパパはちょっと珍しいかもしれません。

もともと両親が共働きで、母から帰宅前に「お米を研いでおいて」「野菜を洗っておいて」という電話がよくかかってきました。
姉もいましたが、私もやりたくて一緒に手伝っていたんです。

そこから母の横に立って材料を切ったり炒めたりして、徐々に難しい料理もやらせてもらうようになりました。料理の大変さもそこで学べましたね。

母が「食育」を意識していたかどうかは分かりませんが、季節ごとに旬の食材を使ってくれたおかげで好き嫌いは全くありませんし、料理をするのが当たり前の家庭だったので、一人暮らしのときもほぼ自炊していました。
経済的にも助かったし、健康管理にもつながりましたね。

── その知識と経験を離乳食作りにも生かしているんですね。

とはいえ離乳食や幼児食は専門知識も必要なので、奥さんの妊娠が分かってから「食育インストラクター」の資格を取り、その勢いで「幼児食アドバイザー」の資格も取得しました。

とにかく食べることは好きですし、そのおかげで自分が健康に丈夫に育ったと思っているので、自分の子どもにも同じ環境を作ってあげたいなと。

まだ資格を取っただけで深い知識はないので、作りながら実践で勉強しています。

娘と一緒に成長していきながら、将来的には「食」に関する仕事もできたら楽しいですよね。健康のためという意味では、体操も食もつながっていますから。── 資格まで取得するとは……勉強が好きなタイプですか?

いいえ、嫌いなタイプです。
料理や食は好きな分野だったので、苦労がなかったというだけで。

新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.