子育て情報『お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。』

お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。

その日はなんだかとても疲れていて、お昼ごはんの支度が、うんと遅くなってしまった。

子どもたちもお腹を空かせているし、もたもたしている場合ではないのだけど、疲れているときって、頭もなんだかうまく働かない。

頭がぼうっとして、献立がなかなか決まらないのだ。

頭の中は、クモの巣がかかったようにぼんやりとしていて、身体も鉛のように重たくて、野菜室を開けても、チルド室を開けても、なにをつくればいいのか、思いつかなかった。

とりあえず、なにかタンパク質があれば、と思い、たまごのパックを取り出した。

すると、まずは末っ子、「ちょんちょんぱん、やる!!!」

来るよね。来る。卵が割りたいお年頃、2歳。

なんなのこの通過儀礼。

「いっこちょーだい」

左手をほっぺたに添えて、右手を差し出す。

え……なに……そのかわいいポーズ。

これを見て渡さないとかある?ないよね(即答)。

押し問答したって、結局、悶着しているうちに卵が割れるか、話がこじれて修復不可能なタイムロスが生まれるかだもの、そしてこんなにかわいいんだもの。

私としては、卵を持たせる一択になる。

卵がうまく割れる確率、だいたい55%くらいか。

うまくいくほうに期待を全寄せして、いざ、ちょんちょんぱん。

お昼ご飯を作るだけで、場が荒れたワケとは。子ども達の行動が予測不可能すぎた。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

「ちょーんちょーん、ちょーんちょーん…」

卵はあっけなく、フローリングと末っ子の足に流れ落ちた。

末っ子をお風呂で軽く清めて、タオルで拭いて、床の掃除をして、昼食づくりを再開する。

生き残った卵を、なんだかすっかり血迷って、8個も鍋に入れて、ゆで卵をつくることにした。

普段なら、茹で時間がもどかしいから、絶対にゆで卵なんてつくらないのだけど、なにを思ったのか、その日は茹でることしか考えられなかったのだ。

疲れているとき、そういうことってあるよね。

あるって言って。

そういえばついさっき、お昼の料理番組で、芋餅をつくっていたぞ、と思い出した。

「じゃが芋をすり下ろして、焼けばいいのです。とても簡単。」

そう、テレビの中の女性が言っていた。

ならば便乗しよう。

私もそれをつくる。よし、そうめんにゆで卵ときゅうりを乗せて、あとは芋餅でフィニッシュだ。

そう思うと、がぜんやる気が出た。

芋を擦るのだ。

じゃが芋を剥いて、いざ擦り始めると、今度は長男がやってきた。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.