子育て情報『他人と自分を比べてしまった長女。一晩で作り直した工作の行く末は…?』

他人と自分を比べてしまった長女。一晩で作り直した工作の行く末は…?

2学期初日、長女は提出するはずだった夏休みの工作を、家に忘れていった。

その日の夜、「明日は工作忘れずに持っていくんだよ」と声をかけたのだけど、返事がない。

どうしたの、と訊ねると、長女は「みんなの工作がすごかった」と気まずそうに笑った。

「そっか。みんなどんなだったの?」

「うんとね、きこちゃんはハロウィンの飾りをつくっててね、かぼちゃがこんなに詰みあがっててね、けんと君はね、がちゃぽんをつくっててね、しかもちゃんとカプセルが出るの。まほちゃんもはるちゃんも、ひなたくんも、みんなすっごく上手だった」

そう言って、手元の自分の作品に目を落としていた。

長女の作品だって素敵だ。

百円ショップで買った、クリア板がついた木の箱の中に、ボンドで砂をたくさん敷き詰めて、貝やビーズや小さな人魚姫なんかを貼り付けた。

箱の周りには、彼女のお気に入りのマスキングテープがきれいに貼ってあって、天面のクリア板にもきれいなビーズが貼ってあった。

彼女がひとりで考えて、ひとりでつくったのだ。

どうしても糊がうまくくっつかなかった側面を、少し手伝った以外は、特に手を貸したりもせず、私は隣で見ていたり、末っ子のお昼寝の寝かしつけをしたりしていた。

材料も、百円ショップに行って、彼女が自分で選んできた。

私はお金を出しただけだ。

だって、それは彼女の作品だから。

自分が思い描いたものを、つたなくてもアウトプットすることに、意味があると思ったのだ。

出来上がった作品は、雑なところもあるし、過剰な部分もある。

全体のバランスだってよくない。

まだまだ集中力の限界もあるから、心が折れたんだな、と思う箇所もある。

でも、それが、7歳の長女のリアルな作品だから、私ははなまるだと思った。

「今」しかつくれない作品だもの。

他人と自分を比べてしまった長女。一晩で作り直した工作の行く末は…?の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

だけれど、実際に学校でみんなの作品を見て、彼女はショックを受けたのだ。

みんなきっと、完成度の高い、隅々まできちんと仕上げた作品を持ってきたのだろう。

それを見て、自分の作品を思ったときに、少し惨めな気持ちになったのかもしれない。

「せっかく作ったけど、もしかして、これを持っていくのが嫌?」
と訊ねると、ちいさく「うん」と頷いた。

「これもすっごく素敵だよ?」

と伝えたのだけれど、長女は曖昧に微笑んでさらにつづけた。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.