子育て情報『みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情』

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情


「ない」ように見えて「ある」!ベルギーの保活

まいどおおきに!さとえみです。

ワーキングマザーが多く、イクメンなパパも多いベルギー。

今回は、そんなベルギーの「保活事情」についてお届けします。

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像

出典 : Upload By さとえみ

ベルギーの保育園は素晴らしい“らしい”んですよ!

まず、数が足りているので、「希望する保育園全てに断られる」ということがありません。

専業主婦・主夫がいても利用できますし、保育料が安い(税金からの還付あり)。

日本から引っ越してきたばかりの人ですら、必要な手続きをすれば入園できるそうです。

そのような声を多く聞いて、私も「ああ…ここはなんて素晴らしい国なのだ…保活なんて縁遠いんだろうな…」と思っていたのですが!

親戚筋から「妊娠したから、A保育園とB保育園とC保育園を見学してみたの!」というような話も聞きまして…。


詳しく話を聞いてみると…?

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像

出典 : Upload By さとえみ

どうやら、園によっては依頼している掃除業者の質にバラつきがあり、掃除が行き届いていないこともあるのだとか。

また、役所に問い合わせた際の担当者によっては、各保育園の情報についてきちんと案内されないケースもあるのだそうです。

これはものすごく「ベルギーらしい」ところ。

この国のことをよーく知っている真面目な人からすれば、「とりあえず自分で足を運び、自分の目で確かめる」という意味での「保活」は、必要なプロセスなんだろうと思います。


日本とベルギーの「保活」。共通点は…?

このように、日本で多く見られる「とにかく保育園に入れるために」といった趣旨とは異なりますが、意識の高いお宅の場合には発生するベルギーの保活。

ちょっと違う面もありますが、両国の保活には共通点もあるのです。

まず、保活スタートが「妊娠発覚後」という早期タイミングだということ。

そして、悲しいかな、保活に熱をあげるのはほとんどが「女性側」だというのも同じです。

ベルギーの女性は、産後も仕事をやめない人がほとんどなので、会社側の理解もあります。でも、それでもやはり女性が主体的に動かないといけない。

ワーキングマザーが多く、イクメン大国のベルギーですら…。

いや、イクメン大国だからこそ…なのかもしれません。


なぜなら

みんな入園可だけど「保活」はある!ワーママ&イクメン大国ベルギーの保育園事情の画像

出典 : Upload By さとえみ

そうなのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.