子育て情報『「子どもは所有物ではない。社会に返すもの」作家・山崎ナオコーラさんの子育て観』

「子どもは所有物ではない。社会に返すもの」作家・山崎ナオコーラさんの子育て観


共感や恐怖心が強くなってしまった

―― 最近、第二子がお生まれになったとか?

今は3歳の子と、生後1ヶ月の子がいます。
妊娠中は上の子が少し赤ちゃん返りのような様子を見せたので、生まれたらやきもちを焼くんじゃないかと思っていましたが、生まれたあとは意外とそんなこともなく。

すごくかわいがっていて、「おっぱいをあげたほうがいいんじゃない?」「そろそろオムツを替えたら?」って私に指示してきます。
お腹の中にいたときのほうが、ブラックボックスのようで不安だったのかもしれませんね。

―― 1人目のときと比べて、子育てに変化はありましたか?

雑になったというか……余裕が出てきましたね。扱い方もそうですし、1人目の授乳中は食べ物に気をつけたり、気になることをすぐ検索していましたが、それもしなくなりました。

2人目になってからは心配ごとがあまり浮かばないですね。楽ですけど、1人目のときの特別な緊張感も楽しかったなぁと思い出しています。

―― お子さんを持ったことで、ご自身の変化も感じますか?

自分ではそんなに変わっていないと思うんですが、ニュースなどで子どもの事件や事故などを見聞きすると、より一層「怖い」と思うようになりました。

夢に出てきたり、眠れなくなったり。共感が強くなったように感じ、自分にもこういう一面があったんだと驚いています。

自分としては独身の頃から、子どもがいてもいなくても、そのようなニュースに対して関心を持ち、冷静に対策を考えられる人でいたいと思っていたんです。
でも実際に子どもを持つと、恐怖心のほうが強くなりましたね。自分も凡人だったんだな……と思います。

「子どもは所有物ではない。社会に返すもの」作家・山崎ナオコーラさんの子育て観の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

―― 共感する気持ちを獲得したという面もあるのでは?

でもその分、失ったものもあると思います。
自分は今でも「結婚した側」「子どもを生んだ側」に行ったつもりはなくて、一人旅の話や一人暮らしの部屋紹介のような記事には今も興味津々。
独身の頃と同じように楽しんでいるつもりなんです。
でも、もしかしたら、以前ほど独身の方の気持ちに入り込むことができていないかもしれません。自分と違う環境にいる人のことを、一生懸命考えられる人間でありたいなとは思っているのですが。


寂しいから子どもがほしかった

―― エッセイに書かれていた「寂しいから子どもがほしかった」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.