子育て情報『赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育て』

赤ちゃんと一緒でも、頭の中では遠くまで行ける。作家としての仕事と子育て


何事にも没入しないから切り替えも早い

―― 子育て中のお仕事はどうされていますか?

上の子が幼稚園に行って、下の子が寝ている間はエッセイを書いたり、ゲラをチェックしたりしています。寝返りをうつ前の頃って一番よく寝るので、この時期が一番仕事がはかどりますね。

1人目のときもそうでしたが、大きくなるにつれて起きている時間が短くなるので、だんだん大変になっていきますよね。

―― 泣いたり呼ばれたりして、集中力が削がれたりしませんか?

私はもともと何事にも没入しないタイプなので大丈夫です。夢中になり過ぎるのがあまり好きじゃないんです。余談ですが、恋愛でも我を忘れて夜中に会いに行ったりするのは嫌で……常に自分は自分でいたいタイプですね。

本を読むときもジェットコースターのように没入させられるものよりも、いつでも好きなときに閉じられるような本が好きで。自分が書くときも、そんな本を書きたいと思っています。

―― 作家の方って読者を「没入させたい」のかと思っていました!

読者を夢中にさせられる本も素晴らしいですし、いろんなタイプの本があっていいのかなと思っています。

私は本を書いているとき、降ってくるとか憑依するようなことも全然なくて、考えに考えて書くのが好きなんです。だから途中で子どもに呼ばれても、すぐペンを置くことができます。

―― 執筆の時間はどう捻出されているのでしょうか?

正直、執筆にあてられる時間は減っていますね。

でも子どもと接している間も、頭の中ではいろいろと考えることができます。作家という仕事なので、考え事をすればちょっとは仕事を進められるんです(笑)。文字を書いていることだけが仕事じゃない、と思うようにしています。


頭の中は絶対に自分だけのもの

―― 確かに、机に向かうだけが仕事ではないですよね。

毎日家事や育児に追われていると、自分の成長が止まっているように感じることがあります。夫は外で働いて、いろいろな人と接して、社会のしがらみのなかで成長できていてズルいなぁと思ってしまう。

でも考えてみれば、頭の中は絶対に自分のものですよね。子どもと遊ぶときも、家事をしているときも私は私。

子どものために時間を使ってあげているということではないと思うんです。子どもと接しているなかでも深い考え事はできるし、子どもの意外な発言でハッと気づくこともある。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.