子育て情報『夫と子どもたちが必死に応援してくれた。第3子出産で深まった家族の絆』

夫と子どもたちが必死に応援してくれた。第3子出産で深まった家族の絆


街で見かける大変そうなお母さんに私もなっていた

――お子さんたちは今それぞれおいくつですか?

子どもは12歳の女の子、8歳の男の子、2歳の女の子の3人です。
上の2人は小学生で、末っ子の次女は保育園に通っています。

昔は街で子どもを3人連れているお母さんを「スゴイな」と思っていたんですよ。
ベビーカーにたくさんの荷物を乗せて、赤ちゃんを抱っこ紐で抱っこして、その両脇に子どもが2人いて……というお母さんを見ると、「大変だな」「頑張ってるな」って。

でも、今は私もそのお母さんたちと全く同じ。
そんな感じで毎日子育てを頑張っています。

――小学生と保育園児では、生活リズムも違うのでは?

たとえば朝は、一番早く家を出るのは小学生の2人。
長女はすごくしっかりしていて、起きたら自分で朝ごはんの準備をして食べています。
自分のことは自分でやってくれるので、本当に助かっていますね。

一方で長男は朝がすごく弱くて、我が家の朝は、長男を起こすためのマッサージから始まると言ってもいいくらい。
だいたい夫が、長男をさすったりして、「朝だよ、学校だよ」と起こしています。

次女を保育園に送っていくのは夫の担当です。
彼の仕事柄、あまり朝早くから出かけることがないので、「保育園の送りはパパ」というのがいつの間にかルールになっていました。
登園のしたくはもちろん、保育園の連絡帳の記入なども夫がやってくれています。

私がこの前保育園に行ったら、先生に「あら、ママ久しぶり!」と言われてしまって。
それくらい、保育園のことは安心して夫に任せています。

――朝食はご家族で一緒にとるのですか?

できるだけ家族揃って食事をするようにしています。
とくに夫は仕事で帰りが夜遅くなることも多いので、朝のタイミングを逃すと、1日まったく子どもたちとコミュニケーションが取れなくなってしまうんです。
なので、前の日の帰りがどんなに遅くても、必ず朝は子どもを起こして、次女を保育園に連れて行ってくれています。

夫と子どもたちが必死に応援してくれた。第3子出産で深まった家族の絆の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

でも、朝食のメニューは家族で結構違うんですよ。
たとえば納豆一つとっても、家族みんなの好みがバラバラで。夫は好きな納豆のブランドが決まっていて、長女は大粒納豆が好きで、長男はひき割り納豆が好き。
だからうちの冷蔵庫には、いつも3種類以上の納豆が入っています。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.