子育て情報『絶賛イヤイヤ期は「仕方ない」でラクに。山口もえさんの完璧じゃない育児』

絶賛イヤイヤ期は「仕方ない」でラクに。山口もえさんの完璧じゃない育児


気づかないうちに体がダメージを受けていた

――一番下のお子さんは2歳とのことですが、3回目の出産はどうでしたか?

出産は3回経験しましたが、3人目が一番大変でした。
産後は疲れもたまっていたのか乳腺炎を起こしてしまい、さらに帯状疱疹にもなってしまったんです。

思い返すと12年前の1人目の出産のときは、赤ちゃんのお世話と自分の体力の回復に専念することができました。
でも2人目、3人目になると、上の子にも生活リズムがあります。
そのリズムを守らなければという思いが強く、自分が休むことを後回しにしてしまいました。
ふと気づくと、自分の体がすごく大きなダメージを受けていたんです。

子育てはやっぱり体力勝負。
自分のこともおろそかにせず、しっかりケアすることが大切だと痛感しました。

――ご自身のケアのために、何か取り組んだことはありますか?

私はすごく運動が苦手なんですが、体のリカバリーと体力づくりのために、去年くらいからジムに入りました。

動いたり走ったりと子育ては常に体力を使うものですが、それだけでなく、たとえば子どもをいつも左手で抱っこするとか、人によってさまざまな体の“クセ”がありますよね。

ジムではトレーナーさんのアドバイスを受けながら、体のメンテナンスをしています。
「体のこちら側ばかり使っているから、反対側も使うようにしましょう」と指摘してもらって、自分でも普段から意識するようになりました。

絶賛イヤイヤ期は「仕方ない」でラクに。山口もえさんの完璧じゃない育児の画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

――自分ではなかなかクセに気づかないかもしれません。

そうなんです。
私も指摘されるまでちっとも気がつきませんでした。

子育てをしているお母さんたちは毎日子どもを抱っこして、重い荷物を持っているので、「私は体力がある」と思っている方も多いかもしれません。
できれば時々マッサージやジムに行って、体の状態をチェックしてもらえるといいと思います。

でも、お子さんが小さくて、なかなか外出が難しいお母さんもきっといますよね。
そんなときは、家で旦那さんにマッサージしてもらうのもおすすめです。
夜寝る前などに少しマッサージをしてもらって、「ここの筋肉が張っている」と分かれば、体のクセを意識するきっかけにもなると思います。我が家では夫と3人の子どもたちがみんなで、私のマッサージをしてくれるんですよ。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.