子育て情報『重度心疾患児のお産は大がかり。たくさんの人が、この子を待っている。』

重度心疾患児のお産は大がかり。たくさんの人が、この子を待っている。


総力戦は、出産準備からはじまっていた

妊娠34週目、11月に入ってすぐ。

すっちー先生から提案があり、今後次女の出産と育児に関わる人間全員でのカンファレンス(会議)があった。

兎に角、このお産に関わる私達サイドの人間をできるだけ呼んでほしいと。

ザ・清州会議イン産科病棟

ここ大阪やけど。

この会議の首座である、すっちー先生曰く

「生まれてから、この子の育児に関わる人、出来るだけ全員に、赤ちゃんの今の状態と、今後の予定を話しておきたい。」

「カンファレンスの後で、産科のナースと、あとNICUのナースにも会わせるから。」

ということだった。

特に次女が出生後入院先となるNICUは、入ったことも見たこともないやろ?知っておくだけでも、と。

この時、丁度テレビでは周産期医療ドラマ『コウノドリ』の1期が放映されていた。

何しろ内容がタイムリー過ぎて、私はあまり見られなかったが、確かにNICUと言えば、大森南朋坂口健太郎ですね、くらいの知識しか無かった。

カンファレンス当日には次女誕生の後、八面六臂の活躍を果たす実家の母も特急と新幹線をに乗りつぎ、5時間をかけて駆けつけてくれた。

母はこの会議の1ヶ月前に初めて、まだ見ぬ孫が病気を背負って生まれてくると聞かされ、心配でいてもたってもいられなかったのだという。

母とは、祖母とは、ありがたいものだ。

すっちー先生と新生児科医のコロボックル先生、もといM先生が次女の心臓の状態、そして出生後の治療の予定を説明する間、母はひたすら

「それは大丈夫なんですか?」
「生きてうまれてくれますか?」

と聞いていた。

あの説明を聞けば誰でも不安になるに違いない。

母の顔はなかなか蒼白だった。

重度心疾患児のお産は大がかり。たくさんの人が、この子を待っている。の画像

出典 : Upload By きなこ


特殊な環境に不安になり、勇気も…もらう

私は私で、この日、結構な数の産科とNICUの看護師さん、助産師さんに対面し、ひたすらにたくさんの聞き取りをされた。

・家族構成
・育児、看護に関わる身内
・その中のキーパーソンたり得る人
・お産において心配だと思っている事
・産後心配な事

などを。

特に「身内」については、夫の両親兄弟、私の両親兄弟、近くの親戚にまで聞き取りが及んだ。

これは勿論、疾患児を育てるには、産後とにかく兎に角人手がいるという事だ。

加えて、その日のうちにカンファレンスの様子をいち早く教えろと、実家で報告電話を待っていた看護師の姉に言わせると

「治療途中、特に命にかかわるフェーズで、口を挟んでくる面倒な身内がいないか洗い出す意味もある。」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.