子育て情報『重い障害がある我が子の人生に「いいスタート」をくれた助産師の信念』

重い障害がある我が子の人生に「いいスタート」をくれた助産師の信念


陣痛がきて、決意が固まった

「15分間隔だ。」

陣痛に気がついたのは、その晩、深夜1時を少し過ぎたところだった。

妊娠39週と1日目。

妊娠後期の妊婦らしく、もうかなり眠りの浅かった私は、あの軽い生理痛のような、下腹を引き絞る感じの鈍い痛みで目を覚ました。

いよいよか。

私は夫を陣発だ!起きろ!と叩き起こし、子ども2人を頼むと告げた。

実家も遠く、大人の手の足りない我が家では、このお産の流れを決めていた。

・私一人で病院に行き分娩する
・その間長男長女は夫が面倒を見る
・分娩終了後、合流

子ども達には

「ママが赤ちゃんを生んだ日も、学校と幼稚園に行って普通に過ごすこと。」

を約束させていた。

生まれた赤ちゃんはNICU搬送なので当日は会えないだろうし、この先入院や手術という未知の出来事に遭遇し続ける我が家にあって、子ども達には出来るだけ『普通』の生活を続けられるようにしていて欲しかったからだ。

そして

この後の私は、人生で3本の指に入るくらい勇ましかった。

あとの2つは何ですかと聞かれても答えられないけれど。

私はこの時、すやすやと眠る長男、長女の寝顔を見て思った。

母のしかばね..は超えなくていいけど、俺の生き様を見ていてくれ、子ども達。

ここまできたらもう、怖いとか何とか、そんな時じゃない。

次女を立派に生んで、NICUに渡してみせる。

文字通り腹のすわった私は、まだ間隔の遠い陣痛の合間に着替え、陣痛間隔を計測し、用意してあった入院用の荷物を掴み、大学病院に電話を入れた。

「陣痛10分間隔です、今から行きます。」

重い障害がある我が子の人生に「いいスタート」をくれた助産師の信念の画像

出典 : Upload By きなこ


「ひとりじゃない」陣痛タイム

そして夫が呼んでくれていたタクシーに乗り込んだのは、午前2時前だったと思う。

タクシーの運転手さんは、草木も眠る丑三つ刻に、ど真剣な顔の腹のでかい女が一人荷物を抱えて乗り込み

「大学病院までお願いします!」

と気合を入れて発車を促した事に、割とビビっていた。

そして、到着先した病院の救急入口の守衛さんも、ビビっていた。「お母さん1人?」
「旦那さんは?」
「ここ初めてとかじゃないよね?」

「私一人です!さっき産科病棟に連絡を…」

まで言って、また次の陣痛が来た。

そうなると次の言葉が出てこない。

経産婦は陣痛間隔の狭まりが早い。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.