子育て情報『我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。』

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。

秋が深まって、子どもたちの食欲がすごい。

爆発している。

大食漢の夫のDNAを受け継いで、そもそもうちの子どもたちは食欲が旺盛気味なのだけれど、朝夕が冷え込んで、秋が深まり冬が近づくこの頃、その食欲が暴走している。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

先週末のことだった。

休日のお昼ごはんを何にしようか、と思案しているところへ、末っ子(2歳)が待ちきれずにぐずりだした。まだ11時だというのに。

眠たさも手伝って、少々ややこしい。

「ちゅるちゅる食べたいの―――!!!」

と台所で叫ぶ。

冷蔵庫を見渡したら、あった。お鍋のしめ用の煮込みラーメン(2人分)があった。

「今つくるからね!」と鍋に湯を沸かして、適当に切った野菜やら肉やらと一緒に麺を煮込む。

匂いにつられて、お腹が空く息子(5歳)。コンロの周りを小さい二人がうろうろする。

即席めんをつくる速さでなんとかこしらえて、ふたりに提供した。

光の速さで麺を吸い込む姿に、恐ろしささえ感じた。

さて、我が家にはまだふたりの食欲モンスターがいるのを、忘れてはいけない。

長女(7歳)と、ラスボス夫(40歳)だ。

冷蔵庫に豚ひき肉と厚揚げがあるのを見て、よし、麻婆(揚)豆腐だ、と心に決めた。

ざっと刻んでざっと炒めて、ざっと味付けをして、ごはんにかける。

「お待たせ、召し上がれ!」という頃には息子が麺を吸い終えて、「それも食べる」と言う。

そうかそうか、と給仕して、さあどうぞ、と言う頃には、長女がもう「お代わり!」と元気に発声している。ちゃんと噛んだ……?

そのはざまに「牛乳飲みたい!」とか「お水飲みたい!」とかに、答えているうちに、気づけば炊飯器の中には、小鳥の餌ほどしかごはんが残っていなかった。

いったいどういうこと。

私まだ何も食べていない。

我が家の行き過ぎた食欲の秋。80個の餃子と、満腹中枢を刺激するための、細やかな抵抗。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

みんな大変元気で、すがすがしい食欲なのは素晴らしいのだけれど、いかんせんつくる人はひとりなわけで、つまり追い付かないのだ。

直径26cmのお鍋に、あふれんばっかりのシチューを作ったとする。一食でぺろりだ。

もちろん飲むように食べないよう、噛み応えのある副菜を用意することも忘れない。

例えば、きんぴら蓮根とか、そういうのだ。合間に時間を稼ぐおかずが必要という不便。

さらに、少し苦手な食材のおかずも忘れてはいけない。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.