子育て情報『一人目はしっかり育てなきゃ!そんな呪いから、私を解放させたある方法とは?』

一人目はしっかり育てなきゃ!そんな呪いから、私を解放させたある方法とは?


上の息子ばかり叱ってしまう私

我が家には2歳の息子と1歳の娘がいます。

年子育児は大変ながらも、2人ともとっても可愛い!

…のですが、最近気づいたことがありました。

それは「上の子ばかり叱っている」ということ。

1歳の娘には優しく甘くできるのに、ついつい、2 歳の息子には厳しくしてしまうのです。

これに気づいたのは、息子のあるひと言がキッカケ。

「●●ちゃん(娘の名前)にもダメって言って!」でした。

たとえば食事中。

スプーンやフォークで遊んだり、ちょっと食事をこぼしたりしただけでも気になり、注意してしまいます。

まだ集中力が続かなくても仕方のない時期だと頭ではわかっています。

でも、気付けば監視員のように息子を見ている自分がいました。

反対に、下の子は何をしても可愛く感じます。

食事中立ち上がっても、すぐに飽きてしまっても「仕方ないね~」で済ませています。

何でこんな風になってしまったんだろう?と思って振り返ってみると、原因は2つ。

1つは、初めての育児だからこその「しっかり育てなくては」というプレッシャーのようなもの。

そしてもう1つは、長女である自分自身が親から言われ続けていたある言葉が原因でした。

一人目はしっかり育てなきゃ!そんな呪いから、私を解放させたある方法とは?の画像

出典 : Upload By あめの


「お姉ちゃんなんだから」の呪縛

息子は、私にとっての初めての子どもです。

初めての育児はわからないことが多すぎて、ひとつひとつ手探りしながらの毎日。

育児書とにらめっこしながら、食事、睡眠、関わり方などについて模索する日々でした。

「母親として、私がこの子をしっかり育てないと」

出産直後は、そんな強迫観念のようなものに囚われていたのだと思います。

そんな息苦しい育児をしながら約1年後、2人目の娘を産みました。

2人目の余裕なのか、娘はただひたすら可愛く感じる日々。

ですが息子については相変わらず、ちょっとしたことが気になってしまいます。

外出先でのお行儀や、お友だちとの接し方、他の子との発育の比較…。

2人目の娘はまったく気にならないのに、どうして1人目の息子はこんなに気になるのか?
初めての育児のプレッシャーはもちろんありますが、それだけじゃなさそう。

そんな風に思い掘り下げていったとき、思い当たったのは自分が親から言われ続けていたある言葉。

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.