子育て情報『産後ママが「綺麗になりたい」気持ちを叶えたら?家族がハッピーになれたワケ』

産後ママが「綺麗になりたい」気持ちを叶えたら?家族がハッピーになれたワケ

私は今、3歳の息子と1歳の娘を育てながら、在宅で仕事をしています。

夫は泊まりの出張や残業が多く、ほぼワンオペです。

仕事、育児、家事…とたくさんやることがある毎日。

いつの間にか自分のことはほったらかし。

家族優先で慌ただしい日々を過ごしていましたが、保育参観で綺麗なママを目の当たりにし、ある決意をすることになったのです。


同級生ママさんの美しさに驚愕

ある日、保育園のイベントに参加してみたらビックリ。

当時2歳の息子と同級生のママさんたちが、すごく綺麗な人ばかりだったんです。

スラッとしていて、お肌も綺麗。

一方、私はと言えば、産後体形がなかなか元に戻らないうえに、深夜の授乳による寝不足で肌荒れ中。

同じ年の子どもがいて、同じように仕事をしているのに…。

「この差は一体何なの…!!?」と、かなり落ち込みました。

もちろん、生まれ持った容姿によるものもあると思います。

でも私が思うに、この差が生まれたのはおそらく「日々の心がけの違い」。

そこで私も「綺麗なママになるために頑張るぞ!」と決意したのです。

産後ママが「綺麗になりたい」気持ちを叶えたら?家族がハッピーになれたワケの画像

出典 : Upload By あめの


試行錯誤を繰り返すも、立ちはだかる壁

さっそく気合を入れて、いざダイエットや美容に良い習慣を!と思ったものの、現実は厳しいものでした。

当時、イヤイヤ期と赤ちゃん返りを併発していた2歳息子と、まだまだ赤ちゃんの1歳娘をワンオペで育てていた私。

まず、ゆっくり運動やスキンケアをする「時間」を作ることができませんでした。

運動できないことがプレッシャーになり、そのストレスで暴飲暴食を繰り返し、お肌も荒れる…という負のループに陥った私。

さらには、自分の美容のために「お金」をかけることにも抵抗があり、ちょっといい化粧品やシャンプーを買う事にさえためらってしまいました。

というのも、私は産後、いつの間にか自分に対して「独身でもないし、清潔感があって最低限の身なりを整えていればもう十分なんじゃない?」と考えるように。

子どもの服は買えるのに、自分用のTシャツひとつ買うのもためらってしまう…
それが、当たり前になっていました。

そのため、いつもよりちょっと良い化粧品やシャンプーを買う時に「自分にこんなにお金をかけていいの?」という罪悪感が生まれました。

でも、そのことは、自分でも気づかないうちにストレスになっていたようです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.