子育て情報『七五三の衣装選びでハラハラが止まらない…!最終的に気づいたことは「我が子めっちゃかわいい」。』

七五三の衣装選びでハラハラが止まらない…!最終的に気づいたことは「我が子めっちゃかわいい」。

先日ようやく、七五三の後撮りが終わった。

今年は三人そろっての七五三だったので、ただひたすらにかわいい、だった。

子どもがお衣装を選ぶ時、わりとハラハラしませんか。

まず長女。

今日びの子ども向けのお着物って、テイストの幅がとても広くて、レトロでポップなものから、古典柄から、レースがたっぷりとついたファンシーなものまで様々だ。

親っていうのはどうしてこうも保守的になってしまうんだろう。

「好きなのを選んでいいよ」と言いながらも、つい心の中で小さくハラハラしてしまう。

なにを着たってかわいいのは、分かっちゃいるのだけれど。

親のハラハラをよそに、長女は赤い古典柄で絞り風の、粋なデザインを選んでいた。

忖度では!と心配になって、「エメラルドグリーンもあるよ!」と見せたけれど、赤ががいい、とのことだった。

ドレスのお写真も撮っていただけるとのことで、そちらは黄色を選んでいた。

七五三の衣装選びでハラハラが止まらない…!最終的に気づいたことは「我が子めっちゃかわいい」。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

お次は息子。

一枚の着物を見る時間、およそ0.5秒。とにかく早い。

ざっとすべての着物に瞬く間に目を通していた。

そして、ちゃんと見たのか疑いたくなる早さで、「龍のやつ」と言った。

いや、息子よ、龍の柄はなかったよ。

龍はないよと伝えると、ああそっか、じゃあ青、と言って青いお着物を選んでいた。頓着のなさ。

次に、「洋装はこちらになります」とスタッフさんに促された先を見てぎょっとした。

明らかに一枚、洋装ではないのが混ざっている。

真っ赤な上下のセットアップで、ウエスト部分に変身ベルトのようなものがついている。

黒とグレーのスーツが並ぶ中、そのセットアップは異彩を放っていた。

「これにする」

息子の目が輝いた。もちろん赤のセットアップを指している。

なにを着てもいい、と思っていた。

ついさっきまで。

ファンシーでレーシーな着物に対しても、心をまっすぐにして、かわいい、と言える準備もできていた。

けれど、けれど、それは、どう見ても、スーツじゃない。

受け止める気持ちも少し、心の中に用意して、想像してみる。

黄色い長女のドレスの隣に、赤いセットアップ、しかもだいぶ猛る感じに気持ちも仕上がっているはず、の息子を頭の中で召喚した。けれど、2秒でやっぱりだめだ、と打ち消した。

今しか撮れない写真が出来上がるだろうし、それはそれで最高なんだけれど、ごめん、お母さん、自分で思うよりうんと保守的みたいだ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.