子育て情報『わが子を「いじめる側」にしないために。SHELLYさんが伝えたいこと』

わが子を「いじめる側」にしないために。SHELLYさんが伝えたいこと


大人の価値観を子どもに伝えたくない

―― 子育てで「これだけはしない」と決めていることはありますか?

大人の価値観を伝えないことですね。押し付けたり、無意識に刷り込まないようにも気をつけています。

たとえば他人の子をほめるときに、「○○ちゃんは目がクリクリしていてかわいいね」と言ってしまうことがありますが、目が大きいことがかわいいというのは、大人が決めた基準。
誰もが100点満点で生まれてきたのに、大人の基準で比べるなんてナンセンスですよね。これは伝えたくない価値観です。

誰かをほめるときも、「それに比べてウチの子は……」と、自分や子どもをけなして謙遜するのでなく、「素敵ね」「かわいいわね」と相手をほめて終われるといいなと思うんですよね。

上の子はだんだん自分の好きなものがはっきりしてきて、彼女らしさが出始めました。たとえば音楽をかけると、その世界観に浸って踊り始めたりします。
大人から見ると微笑ましくて、つい笑ってしまいそうになるけど、それも我慢。
だって親から笑われたら、もう二度と踊らなくなるかもしれないから。

もしかしたら将来、ダンサーや表現者になる可能性があるかもしれないのに、私のその一回の反応で芽を摘んでしまったらいけないなと。親バカになって「すごい上手!きれい」とほめちぎっています(笑)

わが子を「いじめる側」にしないために。SHELLYさんが伝えたいことの画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

―― 黙って見守る。難しいけれど、親の大事な役目ですね。

上の子はお皿洗いや家事もやりたがり始めて……これがまた大変。洗い物を任せたら食器に泡は残ってるし床はビショビショだし、惨憺(さんたん)たるものです。でも床は後で拭けばいいし、残った泡が少しくらい口に入ったところで死なないし。

それよりも子どもの「やりたい」という気持ち、「やった」という充実感や達成感、それを感謝されたり認められることが大事だと思うので、やってもらっています。

最初から上手にできる人はいないですから、少しずつうまくなっていけばいいし、いずれは私を楽にしてくれるはずという魂胆も(笑)。明日の私のためと思っています。

―― 信頼して任せるというスタンスは、SHELLYさんの親御さんの影響もあるんでしょうか?
うちもそうでしたね。
親に何かを押し付けられたことはありませんでした。
その代わり、尻拭いも自分でしなさいという環境でした。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.