子育て情報『歯が抜けた子に憧れて自分も…!? 友達のマネをしたがる娘がカワイイ』

歯が抜けた子に憧れて自分も…!? 友達のマネをしたがる娘がカワイイ


年少さんから年中さんへの成長に感動

―― 娘さんは今、幼稚園の年中さんなんですよね。園生活はどうですか?

娘は3月生まれなので、同級生の子たちと比べると少し幼さがありますが、幼稚園生活の中で日々成長を感じています。
行事などで子どもたちの歌や踊りを見ると、「たくさん練習したんだろうな」と、感激してついウルッとしてしまいますね。

運動会でも、去年は年少さんならではのお遊戯のかわいらしさがありましたが、今年はみんな動きがビシッと揃っていて。
「年中さんになるとこんなに違うんだ!」と感動しました。

―― 園行事には積極的に参加されているんですか?

娘が通う幼稚園では保護者参加の行事も比較的多くて、秋には一緒にお芋掘りに行ってきました。
娘は何本か掘ったら「もうおしまい」と言うので、「もうちょっと掘ろうよ」って。
たくさんお芋を持って帰って、とても楽しかったですよ。

そうやって行事に参加できるのも今だけなので、私も楽しんで参加しています。
娘もとても楽しそうですし。
中には保護者の準備が必要な園行事もありますが、子どもとの思い出をつくる機会が多いのはありがたいな、と思います。

歯が抜けた子に憧れて自分も…!? 友達のマネをしたがる娘がカワイイの画像

出典 : Upload By Conobieスペシャルインタビュー

―― 幼稚園はお弁当ですか?

曜日によって半分お弁当、半分は給食という形です。
入園した頃はお弁当づくりのプレッシャーで、「私ちゃんとやっていけるのかな」と思っていました。
ネットなどで調べると、素敵なお弁当がたくさん出てきますよね。
お弁当づくりを頑張っているママたちの様子を見て、ますます不安になっていました。

でも「頑張らなきゃ」と思ったのは最初のうちだけ。
今では結構気楽にお弁当づくりをしています。
娘がお弁当箱を開けたときに楽しい気分になるように、好物のおかずを入れたり、かわいいピックを使ってみたり。
市販のキャラクターの海苔などを活用することもありますね。

そういうちょっとした工夫をしながら、気負わず、ごく普通のお弁当をつくっています。
キャラ弁なんて無理ですよ(笑)。

―― 幼稚園ではママ同士のお付き合いもありますか?

送り迎えで毎日のように顔を合わせるので、ママ同士も自然と仲よくなりました。仲良しの親子と公園などで遊んだり、大人数で夏に花火をしたり、娘も私も楽しくやっています。

幼稚園に入ってから、それまでと比べて近所のお友達が一気に増えました。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.