子育て情報『子どもが発熱!すぐにインフルエンザ検査をすべき?様子を見るべき?』

子どもが発熱!すぐにインフルエンザ検査をすべき?様子を見るべき?

子どもが発熱!すぐにインフルエンザ検査をすべき?様子を見るべき?の画像

出典 : Upload By パパ小児科医:ぱぱしょー


「インフルエンザ」ってどういう病気?

インフルエンザは高熱や頭痛、咳や関節痛などの症状があり、強い倦怠感を感じたりします。

肺炎やインフルエンザ脳症などの合併症を起こしているときを除き、通常は特別な薬を使わなくても水分を摂取してよく睡眠をとって休んでおけば、しばらくすると落ち着いてくる病気です。

「タミフル」に代表される抗インフルエンザ薬は、ウイルスの増殖を抑制して発熱期間を短くする効果があります。

しかしウイルスが増えきってしまってからでは薬の効果は期待できないため、原則発熱から48時間以内の使用が勧められます。

初期の適切なタイミングで使用すれば、熱の期間が少し短くすんでラクになるでしょう。

ただし基本的には自然に落ち着く病気のため、必須のお薬ではありません。

子どもが発熱!すぐにインフルエンザ検査をすべき?様子を見るべき?の画像

出典 : Upload By パパ小児科医:ぱぱしょー


熱が出たらすぐ検査を受けるべき?

病気の初期に薬を開始しなければならないと聞くと、早く受診しなければと考える人は多いでしょう。

しかし、鼻綿棒によるインフルエンザの迅速検査は発熱した直後に検査してもはっきりしないため、12〜24時間程度経過してからの検査が望ましいです。

38.5度を越える発熱がありすぐ受診したものの「検査できない」と言われた経験がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

診察の場でも、発熱してすぐ受診して検査を希望されることがあります。

しかし鼻綿棒検査は痛みを伴いますので、「痛い思いをしたけれど結果がはっきりしなかった」という状況は避けたいところです。

待合室などでその他の感染症に感染するリスクもあるので、インフルエンザかどうかを知るためだけに急いで受診するメリットは低いと考えます。

ただし高熱でぐったりしていたり水分が取れないなどいつもと様子が違うときは、迷わず受診してください。

発熱を含む全身の状態や、合併症を起こしていないかなど緊急性の判断をしてもらうことにこそ受診の意義があります。

子どもが発熱!すぐにインフルエンザ検査をすべき?様子を見るべき?の画像
出典 : Upload By パパ小児科医:ぱぱしょー

私が診療の場でどのようにしているかというと、発熱からのタイミングが適切であれば鼻綿棒を用いたインフルエンザ検査を行い、陽性の場合に抗インフルエンザ薬を使用します。

発熱してすぐ、もしくは発熱して3日以上経過している場合は検査の精度が低い、もしくは抗インフルエンザ薬投与の意義が低いため検査は控えています。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.