子育て情報『親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力』

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力

2020年の映画初めはパラサイト、2作目がペットセメタリーと

今年も趣味まっしぐらなトキヒロです!

よろしくお願いします。

今年はついに娘も年長さんです!

5歳になると、子どもの個性や性格、成長に伴ってか

周りでも、ちょっとしたお友達トラブルもちらほらと聞く様になってきました。

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力の画像

出典 : Upload By トキヒロ

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力の画像

出典 : Upload By トキヒロ

集団生活でたくさんの経験をして大きくなるのは百も承知なんですが

心配性で過保護な私は

超心配…!!

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力の画像

出典 : Upload By トキヒロ

娘の事は常に把握したい…

そんな衝動に駆られてしまう私はやばい親一歩手前なんでしょうか…?

だって世界一可愛いからーーーー!(地団駄)

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力の画像

出典 : Upload By トキヒロ

そんな私の思考にストップをかけてくれる映画

それが!ピクサー映画「インサイド・ヘッド」

2015年に公開された本作

主人公はミネソタ州で生まれた女の子ライリー…ではなく

ライリーの頭の中にある感情「ヨロコビ」、そして「カナシミ」。

彼女の中にいる5つの感情達は日々彼女の為に働いています。

11歳になったライリーは、お父さんの仕事の都合で引っ越すことになりますが、それをきっかけに心のバランスを崩していく。

何とか元の元気なライリーに戻って貰おうと、ヨロコビは奮闘します。

ところが、益々自体は悪化して……

とまぁ冒頭のストーリーをざっと紹介しましたが

流石のピクサー、感情達のデザインが見た目で分かりやすく、かつ可愛い!

ヨロコビ、カナシミの他にイカリ、ムカムカ、ビビリ存在し、ライリーの頭の中だけじゃなく、パパやママの中にもいます。

私の頭の中はビビりが3人くらい居そうなんですが。

あと多分全員イケメンが好きなんだと思う…

親と子、両方の視点が育児中にビビっとくる…!良作「インサイド・ヘッド」の魅力の画像
出典 : Upload By トキヒロ

ストーリーの話に戻ります。

新しい環境に馴染めず、少しずつ元気をなくしていくライリー。

それでも、忙しい両親には心配かけまいと努めて明るく過ごします。

そのせいで余計に状況が悪化していくんですが

中々親に自分の本音を言うのって勇気がいりますよね。わかる、わかるよ。

だけど!親目線で見ると

言って!ちゃんと支えるから!って感じ。

まだまだ、何かあるとすぐ私に抱きついてエンエン泣く娘は分かりやすくていいなー!

つい、またかーとなってしまうんですが…

本当に些細なことですぐ泣く上に

全然泣き止まないからちょっと面倒くさくなる時が…。

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.