子育て情報『「上手だね」の伝え方はひとつじゃない。祖母から学んだ“やる気を引き出す”方法』

「上手だね」の伝え方はひとつじゃない。祖母から学んだ“やる気を引き出す”方法


自由に絵を描いていい、という楽しさ

年末年始には、大阪にある私の実家に帰省することが恒例の我が家。

今年も、小学校1年生になった双子の娘と息子を連れて、年末から実家に滞在していました。

双子の祖母にあたる私の母は多趣味な人で、絵を描いたり手芸をしたりすることが得意。

母の部屋には、絵を描く材料やフェルトなどがたくさん置いてあり、工作が大好きな双子にとっては、それはそれは夢のような場所なのです。

この冬、小学生になった双子に初めて「おばあちゃんの顔彩を自由に使う」ことが許可されました。

これは母が絵手紙を描くために使っているもので、顔料と膠(にかわ)で作られた、日本画用の絵の具です。

今までは大人が見守っている時だけだったのが、初めて自分たちで自由に使えるようになり、双子たちはとてもうれしそうに絵葉書に絵を描くようになりました。

「上手だね」の伝え方はひとつじゃない。祖母から学んだ“やる気を引き出す”方法の画像

出典 : Upload By おぎ

最初は果物や動物などを描いていたのですが、東京から大阪までの道中で新幹線から見た景色が印象的だったのか、そのうち富士山の絵を描くようになりました。

そして、最初は絵手紙サイズの絵を描いていたのが、だんだんダイナミックになり、大きな紙に絵を描くようになっていきました。


思いもよらないプレゼント

双子たちがひとしきり絵を描き終わり、別の遊びをしていた時のこと。

突然、母が黒い額縁を持って息子の前に現れました。

「息子くん、はいプレゼント。」と言って手渡されたのは、額縁に入った一枚の絵。

そこには、息子が描いた富士山の絵が入っていたのです。

ポカンとしてその額縁を見つめていた息子は、そこに自分の絵が入っていることを認識した瞬間、心からうれしそうに満面の笑みを浮かべました。

母は息子に「この絵、せっかくだから持って帰ったら?」と言ってくれたのですが、しばらく絵を見つめていた息子はこう返事をしました。

「これは、おばあちゃんのおうちに飾っておいてほしい。おばあちゃんにプレゼントしたい。」

「上手だね」の伝え方はひとつじゃない。祖母から学んだ“やる気を引き出す”方法の画像

出典 : Upload By おぎ

息子が描いた富士山の絵は、リビングに飾られることになりました。

ちょうどお正月だったので、親戚からも「よく描けているね」という言葉をかけてもらいました。

そして、時折うれしそうに自分の絵を眺めている息子の姿が、とても印象的でした。


息子に見られた変化

息子が描いた絵が、額縁に入れてプレゼントされた翌日のこと。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.