子育て情報『「3学年差」といえば入園入学のかぶり!憂鬱な心配が大号泣につながった春。』

「3学年差」といえば入園入学のかぶり!憂鬱な心配が大号泣につながった春。


「3学年差」の試練

2015年の春、私は詰んでいた。

その当時、我が家はまだ2人兄妹で、年齢は2歳5ヶ月離れている。

学年で言うと3学年の差がある。

そしてその2015年の4月は長男が小学校に入学する年だった。

この頃の長男と言えば、幼稚園の年長児になっても朝のお祈りの時間に先生の静止を振り切って職員室前の亀に挨拶に出かけ、お遊戯の時間に明後日の方向をむいて鼻をほじっていた。

そしてこの長男の通っていた幼稚園は、紺のブレザーにサスペンダーの半ズボンに白いブラウスとベストの、世にも可愛い制服フル装備の園だったが、何回教えてもとうとう卒園式の朝のその時まで自分で制服を完璧に着るが出来なかった。

つまり

「アンタ、ホンマに小学生になれんの?大丈夫なん?」

両肩をつかんで詰問したくなるような状態だったのだ。

本当に心配で、年中のときから入学準備の為に徐々に予定に入ってきた就学前検診、入学説明会はいつもいつでも『一言も聞き漏らしませんよ私は』そんな鬼気迫る態度の母親になっていた。

あの当時の圧、説明に立っていた校長先生は相当怖かったと思う。

何しろ、3歩あるくと何かを無くし、そして集団行動からは3m位は離れて参加します、幼稚園の体操服は後ろ前に着るのが基本です。

という長男の事、幼稚園はそれでも何とか

「長男君たら~」
「ほらほら一緒にいこうか」

と言って、間違いを指摘してくれたり、手を引いてくれたりして何とかなっていたが、その優しくて行き届いた幼稚園の先生や補助の先生は小学校にはもう居ない。

上に兄弟のいるお友達のママから言わせると小学校は

「小学校は、幼稚園や保育園のぬるま湯の世界とは違うんや、本人がしっかりしとかな…」

空恐ろしい世界だと言う。

私は震撼した。

何それ超怖い。

恐ろしすぎて、私は長男の入学準備には相当な時間と熱量を費やした。

学校から指定された2Bの鉛筆一本一本に名前を付け、荷物をまとめるという概念を持たない長男の為に説明会で言われたものより一回り大きな手提げ袋を用意し、右左がわかるようにマジックでしるしをつけた上靴。

長男の進学先の公立小学校は制服ではなかったので、前後を間違えないように出来るだけ前にしっかりと柄やプリントのあるTシャツやトレーナー。ママが居ない小学校でもしっかり1人でやっていくんやで

長男の目を見て滾々と諭していた2015年の年明け、長男は

「来年もE先生がいいな!」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.