子育て情報『双子育児を支えるのは「双子サークル」だけでいいのだろうか…?双子連載制作に込めた想い』

双子育児を支えるのは「双子サークル」だけでいいのだろうか…?双子連載制作に込めた想い

こんにちは。コノビー編集部の浦脇です。

先日公開スタートした連載『ふたごママになっちゃった!』の企画編集を担当しています。

私自身、小学生の双子女児を育てているのですが、この連載を制作してくださっているpicoさんも双子ママ。

双子ママコンビでお届けしているこの連載は、今双子妊娠中の方や双子育児中の方はもちろんのこと、多胎育児の「当事者」でない方にこそ読んでほしい!…という願いを込めて制作しています。

今回は、その理由についてお話したいと思います。


双子妊娠。その時、いろんなことが「普通」じゃなくなった

妊娠するまで、私は「ごく普通の会社員」として働いていました。

普通に電車に乗って、オフィスで仕事をして、家に帰れば夫と一緒にごはんを食べてゆっくり過ごす。

妊娠が分かった時も、私はこのまま仕事を続けて産休育休を取得し、普通に出産して、しばらく子育てに専念してから社会復帰するつもりでした。

でも。

2回目の妊婦健診で告げられた「双子ちゃんですね」という言葉。

この瞬間から、身の回りのすべてのことが一変したのです。

私の場合は一絨毛膜二羊膜双胎(MD)と呼ばれるもので、連載の中でさちこが主治医から説明を受けたように、様々なリスクがありました。

実際、子どもたちの体重差が開いて双胎間輸血症候群(TTTS)の疑いがあり、緊急帝王切開で早産にもなって……。

妊娠中から出産まで本当にいろいろとありました。

でも、こうしたことに直面し、ひとつひとつ乗り越えていくにあたり、当時「双子妊娠」についての情報は圧倒的に不足していました。

妊婦さん向けのマタニティ情報誌を買ってみても、双子妊娠にあてはまる情報はほとんどない。

ベビーカーの下見に行こうにも、双子用はなかなか展示されていない。

連載の中でさちこが経験した「双子というだけで、なんで『できないこと』ばかりなんだろう」という思いは、きっと多くの双子パパや双子ママが経験していると思います。

ひとつひとつはほんの些細なことなのですが、積み重なった時の「疎外感」って大きいのです。

双子育児を支えるのは「双子サークル」だけでいいのだろうか…?双子連載制作に込めた想いの画像

出典 : Upload By 浦脇香織 / コノビー編集部


双子育児の大変さを分かり合える「双子サークル」の存在

双子が生まれてからの生活は、それはそれは怒涛の毎日で、正直なところ当時の記憶はほとんどありません。

いつ、どっちの子のオムツを変えた?

こっちの子はさっき直母であげたから、今度はこっちはミルク、あっちが直母で……。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.