子育て情報『末っ子の言い間違えが、可愛すぎる。この拙さを、未来の自分にプレゼントしたい。』

末っ子の言い間違えが、可愛すぎる。この拙さを、未来の自分にプレゼントしたい。

子どもが三人いて、もちろんどの子も最高にかわいいのは、大前提としてあるのだけれど、やはりどうにも末っ子というのは、かわいいのだ。

上に大きい子たちがいることで、小ささが際立つのだろうか、間もなく三歳になろうというのに依然、末っ子は「ちいさい」のだ。

長女が三歳のときなんて、下に一歳の息子がいたものだから、すっかり「おねえさん」に見えてしまっていて「ちいさい」なんて、みじんも思わなかった。

息子に関しては、そもそものつくりが全体的に大きく、新生児の頃から「ちいさい」からは程遠かった。

こと末っ子に関しては、体の華奢さや、三番目という立ち位置から、ついつい、いつまでも赤ちゃん扱いしてしまう。

末っ子の言い間違えが、可愛すぎる。この拙さを、未来の自分にプレゼントしたい。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

ところが、末っ子がもうすぐ三歳というところに来て、はたと気がついた。

よく見るとここのところ、まぁまぁ、おねえさん感、が出てきている。

相変わらず、スペシャルかわいいのはデフォなのだけど、そこはかとなく全体の「かわいい」の分量の割合に、「おねえさん」が増している。

例えば、食事時に、私がなかなか進まないおかずを指して、「ほら、お肉も食べてね」と声をかける。

二歳初頭の頃ならば、「やだ!」が定型文。イヤイヤ期ですからね。

少し前、二歳十ヶ月頃は、「はーい」とちょっぴりいい子ぶった声。イヤイヤに少し飽きてきた様子。

さて、ここ数日はどうだろう。

「分かってるってば!今食べてるでちょ!もう言わないで!」

倍になって返ってくる。なんかこっちがひるんでしまう。

こうなるともう、赤ちゃんからは程遠い。

「ちいさい」がかすむ瞬間。

ごっこ遊びをしていても、ついこの前まで彼女は、お母さん役や先生役を率先してやっていたのに、ここ数日はどうだろう。

赤ちゃん役ばかりを、やりたがっている。

赤ちゃん役をやりたがるようになったら、もう赤ちゃんではない。

赤ちゃんは、赤ちゃん役をやったりはしない。

赤ちゃん役をやる、それすなわち、おねえさんの階段を登っていることになる。おおお。

「ちいさい」が、またほんのりとかすんでゆく。

末っ子の言い間違えが、可愛すぎる。この拙さを、未来の自分にプレゼントしたい。の画像
出典 : Upload By ハネ サエ.

おねえさんになるのは、彼女が生まれてから決まりきっていることだから、いっこいうにかまわないのだけど、こうなると毎日のように、生まれたあの日から、今日までの回想が止まらない。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.