子育て情報『保育園お迎えがツライ。「助けてほしい」と「1人でやらなきゃ」の間で揺れて』

保育園お迎えがツライ。「助けてほしい」と「1人でやらなきゃ」の間で揺れて

私は、現在、在宅ワークをしながら、3歳と1歳半の年子をほぼワンオペで育てています。

朝晩の保育園の送り迎えから…。

夜のお風呂、食事の準備、寝かしつけ。

育児に関することほぼ全部を一人で担う日々。

そんな中でも、今、特に気が重いのが「保育園のお迎え」です。


保育園のお迎えが修羅場になるワケ

3歳の息子はいわゆる「ママイヤ期」のようで私の言う事を全く聞いてくれません。

なかなか保育園から帰りたがらず、「もっと遊ぶ!」と走って逃げ回ります。

さらに、これに便乗して一緒に遊び始める一歳半の娘。

どちらかが落ち着いて、帰れそうになっても、もう1人が「まだ遊びたい!」というモードな事も多々あります。

遊びに満足するタイミングがそれぞれに違うので、2人を同時に駐車場に連れて行くだけで一苦労なのです。

さらに現在、1歳半の娘はチャイルドシートを全力拒否中。

せっかく駐車場に到着しても、娘との格闘が待っています。

固定されて縛られるのが嫌なのか、のせる度に泣き叫んで大暴れ。

まだ小さいのに力が強く、しかも絶妙に腕からすり抜けるので、大苦戦。

それを見ていた息子もチャイルドシートを嫌がるようになってしまい、最近では車内で追いかけっこが始まることも…。

そんな2人を無理やりチャイルドシートに詰め込むようにして、なんとか駐車場から出発しています。

明るいうちにお迎えに行っても、駐車場を出る頃には日が暮れて真っ暗に。

うまくいかない日は1時間以上かかることもあって、我が家はいつも一番ビリ。

家にたどり着く頃には、もうヘトヘトです。

子ども達にイライラして、食事中に行儀が悪かったり、なかなかお風呂に入ってくれなかったりすると、怒鳴ってしまうことも。

疲れと自己嫌悪でいつも気持ちがふさいでいました。

保育園お迎えがツライ。「助けてほしい」と「1人でやらなきゃ」の間で揺れての画像

出典 : Upload By あめの


誰にもわかってもらえないつらさ

夫は出張が多く不在がち。

朝は早く家を出て、夜も遅いので、保育園のお迎えがどんな状態なのか体験する機会もありません。

「お迎えの時に子ども達が言うことを聞かなくて大変だったんだよ」
と言ったところで、どんな実態があるのかは、結局の所やった人にしかわからない。

細かく伝えたところで、どうせわかってもらえないような気がして、私はどんどん孤独な気持ちになっていました。

また、お迎えに時間がかかっていると、先生の視線も気になります。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.