子育て情報『引っ越しパニック!段ボールにつめたのは、疲労と思い出と「おめでとう」』

引っ越しパニック!段ボールにつめたのは、疲労と思い出と「おめでとう」


引っ越しは、世界の危機の日に

急に引っ越しが決まった。

3人きょうだいになった我が家はいい加減、自宅総面積に対して人間の数が多すぎやしませんかという私と子ども達の訴えがあったことと、少し人より身体が弱く生まれついた末っ子次女が、兄姉が学校からもらってくるインフルエンザその他感染症に家庭内罹患すると、もう目も当てられない、という状況にあって

「病気の子どもが隔離できる部屋を」

切望から、ごく近距離にある社宅の別棟に引っ越そうとなったのだ。

で、喜んだのもつかの間、決定事項は即実行していただきます、それが世の習い、弊社の方針。

引っ越しが決まってから、その実施の日まではそうそう猶予を貰う事が出来ない。

確かに1人の社員が何故かいつまでも2部屋を占有するのはいけない、それはわかるけど。

ただ、急ごうにも引っ越しの準備を進めているその最中、世の中は困ったことになっていた。

新型ウイルスの世界的流行。

そして突然の小学校休校。

普段から2歳の次女に翻弄されている平日の日中に、よると触ると喧嘩する長男と長女が加わり私は詰んだ。

これで引っ越しの準備なんかできるか、誰か来てくれ。

引っ越しパニック!段ボールにつめたのは、疲労と思い出と「おめでとう」の画像

出典 : Upload By きなこ


詰んでる母に、救世主

引っ越し前日、黒い衣装に身を包み、彼女達はやって来た。

数多の戦場を駆け抜けてきたであろう彼女らは言葉数は少なに、我が家のそう広くない各部屋を見回すと

「じゃ、ここから始めますから」

そう言ってエプロンを纏い、そしてダンボールを手にした。

彼女らの名は『事前梱包サービス』

人呼んで、というか私が勝手に名付けた『梱包マザーズ』

全国的な休校要請が出て、長男と長女に前倒しの春休みが訪れて終日自宅で過ごす運びとなり、引っ越し用のダンボールはもう既に2人の秘密基地、巣と化していて何処に荷物入れんねん、返してくれ梱包用のダンボール・サイズSを。

そんなダンボール王国の建国にもう無理やでこれは、と思い至ったその日。

私はすでに見積もりを終えている引っ越し業者に電話を掛けた。

色々あってもう無理お手上げです、梱包だけでもお願いできますか今からですけど、と。そして彼女達はやって来たのだ、引っ越し前日の昼下がり。

お客様が来訪すると、人懐こい大型犬の如くワッホイ!ようこそ我が家へと歓待する次女も近づく事を憚る気魄、気合でマザーズはガンガン荷物を詰めていく

私はもっとこう

「奥さん、コレどうしますか?」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.