子育て情報『その心配事は“もう起きてしまったこと”?父から学んだ「自分の心との付き合い方」』

その心配事は“もう起きてしまったこと”?父から学んだ「自分の心との付き合い方」


「プールのカードがない!」

とある朝の出来事。

小学校1年生の双子が、スイミングスクールに行くための準備をしていたのですが、娘が突然「プールのカードがない!」と言い出しました。

娘の言う「プールのカード」というのは会員証のことで、普段はカードケースに入れてプールバッグにつけているのですが、それが見当たりません。

「外してどこかに置いちゃったんじゃない?よく探してごらん。」

そう伝えてしばらくそっとしておいたのですが、娘は部屋の中グルグルしながら「カードが無い。カードが無い。」と焦っている様子。

もはや、心ここにあらずといった状況ででした。

かたや息子はその様子を見て、「この前プールに行ったときに外したんじゃない?」と冷静。

「あっちの、かばんを置いてる棚を探してくれば?」というアドバイスもしていました。

その心配事は“もう起きてしまったこと”?父から学んだ「自分の心との付き合い方」の画像

出典 : Upload By おぎ


娘がなぜ「カードがない」ことに焦っているのか

そんな2人の様子を見ながら、私にはひとつ分からないことがありました。

それは「娘がなぜ、プールのカードがないことに対してそんなに焦っているのか」ということです。

息子に言われた通りかばん置き場を探してみたものの、やはりカードが見つからなかった娘は、こんなことを口にしました。

「なんでないんだろう。プールのカードがみつからなかったらどうしよう。プールの入口でカードを出さなきゃいけないのに。プールに入れないかもしれない。今日はテストなのに、テストも受けれないかもしれない。」

その言葉を聞いた時、私はハッとしました。

娘にとって問題なのは、「今、プールのカードが手元にない」ということだけではなく、その先にある行動のひとつひとつに対する心配がぎっしりと詰め込まれていたのです。

大人である私は、これまでの経験に基づいてある程度の見通しが立てられるため、「カードがない」ということをもっと軽く考えてしまっていました。

プールのカードが見つからなければ、スイミングスクールの受付に行って「カードを忘れました」と伝えれば良い。

もう小学校1年生だから、それぐらいのことはできるだろう。そして、もしもこのまま見つからなくても、再発行してもらえるだろう。

…でも、娘にとっては、「カードがない」ということはそんなにシンプルなことではなかったのです。


その時によみがえった、子どもの頃の記憶

そんな娘の様子を見ていて、私はふと、自分が子どもの頃に父から言われた言葉を思い出しました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.