子育て情報『休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?』

休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?

長女が大量の宿題をたずさえて、休校に入って三週間、ようやく宿題の目処がつきそうなところに、幼稚園児ふたり(5歳と3歳)の春休みがスタートした。

長女との休校期間はわりと楽しくて、おだやかな時間だったのだけど、なんといっても宿題。宿題が難儀だった。

三学期で終わらせるはずだった未完の課題が、すべて自宅学習に持ち込まれたわけだから、もうほとんどおぞましいと言っていい量だった。

プリントがぎょっとする厚みを持ち、ドリル関連に関しては、「残りぜんぶ」という塩梅。絵具と粘土を使った図工の課題もあった。

それらを親子で全うすることが、肩で息をするような大変さだった。疲れた。

ヘトヘトになったところに、生命力の塊みたいな5歳と2歳が合流するんだから、並大抵の気合じゃない。

お母さんはもうずいぶんと疲れているんだよ。

毎日元気に喧嘩もするし、元気にお腹も減る。

元気に牛乳をこぼすし、元気にお庭に大量の水を撒く。

エネルギーがこちらとしては底辺だから、白目を剥きそうになるのだけど、そんなとき、私の秘儀があるのでお知らせしたい。

休校になった時に、ふと考えた。家の中だけは、平和でいたい。心の平穏を得る方法とは?の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

私が出会った、「大海原くらいに心が広い母」を心の中に飼うのだ。

まず1人目。

高校生のときに、ホームステイをしたお宅のホストマザー。

彼女には6人のお子さんがいて、当時、上から、小6、小5、小4、小2、5歳、6ヶ月、という布陣だった。

0歳児がいて、ホストになる心の広さ、間違いなく大海原。

しかも、聞いて。さらに驚いたことに彼女の夫は日本に単身赴任中だった。

つまり、いわゆるワンオペで6人の子どもを育てていたということ。想像だけで4キロくらい痩せそう。

なんだけど、彼女はなんて言うか、いたって普通で、ずっとご機嫌で、ずっと元気だった。

今、三人の母親になって、「あ、これやべえな」と思ったときは、彼女の様子を思い出すことにしている。

まず彼女は、離乳食なんてものを完全に葬り去っていた。

そのときあるものを、赤ちゃんが嚥下できるように処理する、それが彼女の離乳食だった。

それはパンだったり、うどんだったり、そして、またあるときはファストフードのポテトでもあった。カロリーがあって、ごっくんできる is OK、そんな感じ。

自炊は一日一食で、他はデリバリーだったり外食だったり。

その代わり、その一食(彼女の場合は朝食だった)

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.