子育て情報『登園渋りがすごい。泣き叫び、動かなかった娘が、卒園後に放った「まさかの一言」とは?』

登園渋りがすごい。泣き叫び、動かなかった娘が、卒園後に放った「まさかの一言」とは?

あれは、長女が幼稚園に入園したばかりの頃。

4月の風物詩と言われたら、そうなのかもしれない。

長女は毎朝それはもう、すごい剣幕で泣いていた。

朝起きるところから闘いは始まって、まず、布団を剥いだら長女は寝たふりを決め込んでいる。

固く目をつむって、起きまいと身を小さくまとめて丸まっていた。

どうにか起こして、朝食を食べさせても、着替えない。

園の制服を着るのが嫌で、家中を子ねずみみたいに走りまわって逃げていた。

小さい子どもしか、入り込めないような隙間に、身体をぎゅっと詰め込んで、引っ張り出すのに難儀した。

無理やりパジャマを脱がせて、泣き暴れる長女の腕にブラウスの袖を通す。

さて、反対も、と袖を通したら、さっき通したはずの袖がもう、もぬけの殻だ。

右を通せば左が抜け、左を通せば右が抜ける、永久運動だった。

どうにかどうにか、制服を着せても、最後の抵抗で、靴下を履かない。

身体をくの字に器用に折り曲げて、足を死守するのだ。

履かされまいと、知恵をこれでもかと振り絞って、嗚咽を漏らす長女が愛しいやら、切ないやら、時間がせまるやら。

登園渋りがすごい。泣き叫び、動かなかった娘が、卒園後に放った「まさかの一言」とは?の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

制服をぐちゃぐちゃに着せて、車に乗せて、園まで走る。

車の中でも、もちろん長女は泣いている。

ドナドナの気分である。毎日かなりシリアスなテンションで、「こんなのドナドナじゃないか」と本気で思っていた。

園についたからって安心はできない、車から降りない。頑として降りない。

ここでも身体をぎゅっと丸めて、今度はチャイルドシートのバックルを死守する。

例え、子どもでも火事場の力は強くて、私も本気を出さないと太刀打ちできない。

しっちゃかめっちゃかになりながら、死闘を繰り広げていると、見かねた先生が駐車場まで来てくださって、さすがに観念した長女を、先生は米俵のように、たくましく担いで、連れ去っていく。

さらに言うと、長女が泣くのは朝だけではなかった。

夜の寝つきがうんと悪くなり、しかも夜泣きまでするようになった。

ワンセット40分というコースらしく、短くても40分、延長する場合はツーセットで80分、という具合だった。ごく稀に、大サービスのスリーセットがあって、言わずもがな、120分泣きとおす。

限界がそこまで来ていた。

「そうまでして通わせないと、いけないんだろうか」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.