子育て情報『出来すぎていた長男が、自粛生活で甘えん坊に。いいよ、だって、本当はしっかり者ってわかってるから。』

出来すぎていた長男が、自粛生活で甘えん坊に。いいよ、だって、本当はしっかり者ってわかってるから。

自粛生活が、まるで日常のような顔をして、こっちを見ている。

小学校も幼稚園もお休みになって、朝も昼も夜もママと一緒にいられて、けれどどこにも遊びに行けない。そんな毎日が、だんだん「普通」になってきた。

子どもたちは「どこか行きたい!」も、すっかり言わなくなったし、「今日もお休みなの?」なんて、とっくのとうに言わなくなった。

こうなると、子どもたちと私の距離がどんどん縮んで、彼らの中の外の顔が、少しずつなりを潜めていくのがわかる。

ママに見せる顔だけで構成される彼らは、うんと甘えん坊で安心し切っていいて、とっても愛くるしいのだけど、面倒も多い。

「ママ!!」と呼ぶ回数が日に日に増え、膝に乗っかってくる頻度も増した。

朝、ベッドから抜け出して、家事や仕事をしようものなら、劣化の如く怒りを露わにして、やっぱり「ママ!!!」と呼ぶ。いや叫ぶ。

とにかく、彼らの中で、ママの存在が大変大きくなっているらしい。

二度目になるけれど、面倒が多い。とても多い。

出来すぎていた長男が、自粛生活で甘えん坊に。いいよ、だって、本当はしっかり者ってわかってるから。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

特に手がかかるのが、真ん中。5歳の長男だ。

ウェブで「真ん中 子育て」と検索をかけると、「育てにくい」だとか「難しい」とか、いかにもややこしそうな単語が並んでいる。

わかるよ、と頷きそうになる気持ちを、ぐっと堪える。

なぜなら、私自身が三姉妹の真ん中っこなのだ。

いつか子供が生まれて、そしてそれが3人ならば、私は誰よりも真ん中っこの気持ちを分かってあげるのだ、ともう随分長いこと思ってきた。

それは大袈裟ではなく、ほとんど幼少期からの思いでもある。

姉のようなお利口さんにはなれないし、妹みたいな愛らしさもない。

なぜだか、姉妹の中で私だけが頑丈に産まれてしまって、困ったことに物理的な手も、かからない。

愛されていないと思ったことはないけれど、いつも小さく不満だった。私だけが主役になれないポジションが、いつも不満だった。

自粛生活の中で、一番不機嫌なのは、なんといっても真ん中っこ長男だ。

まず朝起きて、ママの隣で目が覚めなかったことに怒り出す。彼は夜中にごろごろ転がって、ベッドの突端や、壁際で目を覚ますことが多い。「なんでママは隣にいないの!!」

いや、知らんよ。

朝食の時は、食べる前からメニューにケチをつけるし、食べ始めたかと思えば「牛乳!!」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.