子育て情報『「双子連れでの外出をもっと楽に!」夫婦暗黙の目標で乗り切ったトイトレの話』

「双子連れでの外出をもっと楽に!」夫婦暗黙の目標で乗り切ったトイトレの話

我が家には、小学校2年生の男女の双子がいます。

今でこそ自分たちのことは自分でできるようになった双子たちですが、小さい頃は双子ゆえ、当たり前のように2倍以上の手がかかる日々でした。

思い返せば、トイレトレーニングも同時進行。

同じような生活リズムで暮らしているせいか、排泄のタイミングも重なることが多かったのです。

子どもたちのペースで無理なく……とは思うものの、当時の私たち夫婦には「早くオムツを卒業したい」という気持ちがありました。

それには、こんな理由があったのです。


とにかく大変だった!「外出時の双子のオムツ替え」問題

我が家では、双子を連れて外出する際、夫婦それぞれが抱っこひもで1人ずつ抱っこするようにしていました。

大人が2人とも抱っこひもを装着しているため、オムツ替えが必要な時には、抱っこしている子をそのままトイレや赤ちゃんルームに連れて行くというスタイル。

でも、双子がまだ幼かった当時、オムツ替えスペースのある男子トイレは限られていました。

それどころか、赤ちゃんルームに連れて行こうと思っても、男性入室禁止の札があるケースも多々あったのです。

1人ずつ抱っこしているので、1人分のオムツ替えは夫に頼まないといけないのですが、夫にとって「外出時のオムツ替え」のハードルはとても高い……。

外出前には必ず、夫がオムツ替えすることができる場所を確認するようにしていましたし、良い設備がある場所は夫婦で共有し合ったりもしていました。

そんなこんなで、我が家にとっては外出前も外出中も、とにかく「双子のオムツ替え」という問題がつきまとうことに。

でも、オムツ替えの必要がなくなれば、こうした負担が減って外出先の選択肢がぐっと広がります。

「双子がトイレに行けるようになれば、外出がかなり楽になる。」

これが私たち夫婦の暗黙の目標となり、夫婦で協力してトイレトレーニングに挑んでいくことになりました。

……と同時に、これは「面倒くさがらずに、トイレトレーニング中の双子と向き合う」という、大人側の試練でもありました。

「双子連れでの外出をもっと楽に!」夫婦暗黙の目標で乗り切ったトイトレの話の画像

出典 : Upload By おぎ


双子ならではの「同じタイミングのトイレ」はこう乗り越える!

双子のトイレトレーニングということで、まず「双子が同時にトイレに行きたい場合、どうするか」を考える必要がありました。

そこで我が家で導入したのは「おまる」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.