子育て情報『いつも不安だった私が、授乳の試行錯誤で得た「必要なものは増やせばいい」の心』

いつも不安だった私が、授乳の試行錯誤で得た「必要なものは増やせばいい」の心


私の「不安」は、双子妊娠中から始まった

双子妊娠26週の健診で切迫早産と診断された私は、その日から約10週間の入院生活を送ることになりました。

入院の目的は、できるだけ長く妊娠を継続すること。

絶対安静を言い渡され、入院と同時に、子宮の収縮を抑えるための点滴が投与されました。

37週の帝王切開予定日に向けて、日々安静に過ごすことだけを求められたのです。

いつ生まれてしまうか分からない不安と向き合いながら、1日でも長くお腹にいて欲しいと願う毎日。

結果的に、双子は予定日の1週間前に緊急帝王切開で誕生しました。

不安だらけだった妊娠生活がようやく終わったものの、当然のことながら、そこからは怒涛の勢いで双子育児が始まります。

特に大変だったのが、初めての授乳生活。

それは、眠れない日々の始まりでもありました。

私が入院していた産院では、授乳の前後に赤ちゃんの体重を測定し、その増減を見て授乳量を確認してからミルクを補うという方針でした。

右も左も分からぬまま、3時間おきに授乳室に通ってみるものの、やや小さく生まれた双子は哺乳力が弱く、母乳を飲むのにも時間がかかる。

これを2人分こなすだけでも、かなりの時間が必要でした。

その後で体重測定してから、足りない分はミルクを飲ませているうちに、あっという間に次の授乳時間がきてしまう。

退院するまで、そんな日々が続きました。

その当時心に浮かんだのは「こんな状態の双子を連れて帰って、私たちはやっていけるのだろうか?」ということ。

入院生活が長かったこともあり、私は自宅に帰るのがとても不安だったのです。

いつも不安だった私が、授乳の試行錯誤で得た「必要なものは増やせばいい」の心の画像

出典 : Upload By おぎ


自宅での双子育児がスタートして、さらに続いた「不安」な毎日

いざ自宅での生活が始まると、産院でやっていたような体重測定はないので、子どもたちの飲みっぷりやかかる時間だけを頼りに授乳をこなす毎日でした。

すると今度は「この子たちは、ちゃんと必要な量の母乳を飲めているのだろうか?」という心配が絶えない。

つい先日まではお腹の中にいて、1日でも長くお腹にいてくれますようにということを願いながら過ごす毎日だったのに、生まれたら生まれたで、また別の心配がつきまといます。不安に駆られた私は、夫と相談して、産院と同じように双子の体重を測ってミルクを飲ませることにしました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.