子育て情報『お風呂に入ることが、なぜこんなにも難儀になってしまったのだ。』

お風呂に入ることが、なぜこんなにも難儀になってしまったのだ。

お風呂に入るのが、難しすぎる。

ゆっくりお風呂に入るなんて、もう何年していないだろう。

お風呂がリラックスタイムだったことなんて、今や昔のおとぎ話だ。

夕方、疲れた3人を風呂にいざなうのが、もう面倒だ。

都合よく、「お庭でズボンが濡れちゃった」とか、「ころんでお膝が汚れちゃった」とか、風呂場に直行したくなる理由がある日は、ラッキーデー。

夕方に限っては、いっそお漏らしさえも、ラッキーシグナルになったりする。

「お風呂できれいにしようね」と言えば、すんなり服を脱いでくれる。

だけれど、毎日が、そんな都合のいい汚れにまみれているわけでもないから、帰宅した子どもたちが、うっかりテレビを見始めたりなんかしたら、もう気が重くなる。

3人ひとりひとりを、機嫌よく湯場までいざなうのが、気が遠くなるほど面倒。

準備しておいた夕飯を仕上げているうちに、お風呂に入ってもらいたいのに、みんな、とっても腰が重たい。

お味噌汁を温めながら、お風呂に入っておいで、と声をかける。

私ってそんなに声が小さいのかしらと思うほど、誰も振り向かないし、お返事もしてくれない。さみしいじゃないか。

お風呂に入ることが、なぜこんなにも難儀になってしまったのだ。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

フライパンで焼いているお魚の具合も、お味噌汁のお鍋の具合も、気にしながら、何度でも、「ほらお風呂にはいりなさい」と声をかけてかけてかけ続けて、ひとり、またひとりとお風呂へ流れていく。

最後のひとりがお風呂に入るころには、最初のひとりがびしょ濡れの髪を滴らせて、「ママー拭いてー!」と呼ぶんだから、せわしない。

私も一緒に入る、というパターンももちろんあるのだけど、それこそ大儀が過ぎる。

ひとりないし、ふたりならなんとかなる感じもあるんだけど、ママが入るなら、我も我もと全員一緒に入りに来る。まさに芋の子。

洗い場を奪い合って、ひとりずつ洗って、お風呂のおもちゃでアイスやさんごっこをして、いい加減ママも洗いたいよ、というか湯舟に一瞬だって浸かってないよ、と思っているうちに、誰かしらが「もうあがるー」とお風呂の扉を開ける。

開けた瞬間に、噴出しているシャワーが、脱衣場にびゃーって侵入するのなんて、もう何回みたかしら。泡だらけの身体を持て余しながら、そこ、いつものそこにタオルあるでしょ!ちゃんと拭いてからお部屋に行ってね!!と声をかけたそばから、びしゃびしゃのままバスマットから脱出する誰か。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.