子育て情報『息子がボーッとしてると言われて、モヤッ。その気持ちを掘って見つけた育児軸』

息子がボーッとしてると言われて、モヤッ。その気持ちを掘って見つけた育児軸


保育士さんからの何気ないひと言にモヤモヤ

今年から年少さんの息子。

性格は、甘えん坊でどちらかというと慎重派。

繊細で、デリケート。

内弁慶なところもあります。

でも妹のことが大好きな、優しい男の子です

ある日、息子の担任の先生から園のことで連絡がありました。

私の住んでいる地域では、4月下旬から登園自粛になり、久しぶりの登園の前の事務連絡でした。

その電話で、息子のことを「ボーッとしてる」と言われたのです。

気になって、詳しく話を聞いてみたところ、保育園のクラス編成は、年少さんから年長さんの縦割り。

年少の子達はまだまだそれについて行けず、オロオロしてるのを年長さんがリードして、色々教えてくれるそうです。

そんな中、うちの息子は「ボーッと立ってる」らしく…、そんな様子を見た年長さんたちが、「こっちだよ!」と手をとって連れて行ってくれるとのこと。

先生は、「そんな年長さんたちとのやり取りが微笑ましくて〜」と話されたのですが、私は息子が「ボーッとしてる」という風にとらえられていることが、どうしても気になってしまったのです。

息子がボーッとしてると言われて、モヤッ。その気持ちを掘って見つけた育児軸の画像

出典 : Upload By あめの


募る不安と、夫のあっさりした反応に驚き

息子はたしかに、反応の良いタイプではありません。

おとなしいので一見、ボーッとして見えることも。

その反面、慎重で集中力があり、とても人の気持ちに敏感な優しい子です。

何も言えず電話を切ったあと、ものすごくモヤモヤしました。

新しい環境に不慣れで、どう動いていいかわからなかったのかな?と、勝手に想像したり、

先生たちからしたら「手のかかる子」という立ち位置になっているのかな?と心配したり…

たしかに最近、保育園のことを聞いても何も答えないし、「保育園きらい」とだけ言うこともあって、私は不安を募らせました。

もちろん、子どもを預かってくれる保育園には感謝しかありません。

ただ保育園で、良い所を見てもらえず、「ボーっとしている」と思われているかもしれない。

そんなことを思うと、息子のことがなんだか不憫に感じたのです。

その夜、そのやり取りを夫にそのまま伝えてみたところ、夫は意外な反応でした。

「そうだね、〇〇(息子の名前)はそういうところあるよね~」
「やっぱり園でもそうなんだね~」

で、終了。

拍子抜けするほどアッサリしていました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.