子育て情報『夜泣きがうるさいと言われ…。冷静に家計を見直し、手に入れた至福の家族時間』

夜泣きがうるさいと言われ…。冷静に家計を見直し、手に入れた至福の家族時間


一生賃貸派の私達を変えた、ご近所さんからの一言

わが家の子どもたちは現在、3歳と2歳の年子です。

下の子を妊娠中、上の息子は1歳になったばかり。

夜泣きの真っ最中でした。

毎晩泣き続ける息子を、大きいお腹を気にしながら抱きあげ、ゆらゆら揺らし、狭いアパートの中をぐるぐる歩き、子守り歌を歌って、やっと寝た…と置いても30分後にはまた目を覚ます…。

今、思い出しても地獄のような日々でした。

夫は出張で不在がちのため、夜泣きの対応は基本的に私1人。

毎日寝不足のまま、復帰した職場へ出勤。

復帰したばかりなのに妊娠が発覚したことで肩身も狭く、職場に迷惑をかけないよう必死に働いていました。

そんなある日、アパートの階下の方に声をかけられました。

「夜泣きの声がうるさいんだけど、なんとかならないの?」

この一言が、一生賃貸派だった私たち夫婦を徐々に変化させていったのです。


ストレスフルな日々から脱出したい!

私たち家族の住むアパートはスーパーや駅、夫婦の職場も徒歩圏内という非常に便利の良い立地。

小さなアパートのため世帯数が少なく、全員顔見知りです。

息子が産まれる前も、ご迷惑をかけるかもしれないからと全戸に挨拶回り。

産まれてからは、会うたびに「大きくなったね〜」と声をかけてもらって、立ち話をするような、安心感のある関係でした。

ですが階下の方は、夜泣きが始まってからは、気になって夜中に目が覚めるようになってしまったようでした。

迷惑をかけていることに気付いてなかった私は平謝り。

元々ジョイントマットは敷いていましたが、さらにカーテンを防音に替えたり、ジョイントマットの厚みを大きい物に替えたりと
色々と工夫してみました。

ですがそれでも効果は薄かったらしく、会うたびにチクチク言われるように…。

毎晩息子が泣くたびに、下の人が起きてしまうのではないかとビクビク。

いつの間にか動き回りたい盛りの息子が元気に走り回っていても、「迷惑になるからやめて!」と怒ってしまうように…。

息子はしょんぼりするし、私はイライラしているし、雰囲気の良くない日々が続きました。

やがて、こんな窮屈な思いを子どもにさせたくないし、もう私も限界だ!と、引越しを考えるように。

上下の部屋の騒音問題に悩まされた身としては、独立した一軒家に住みたかったのですが、田舎だからなのか一軒家の賃貸物件がなかなか見つかりません。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.