子育て情報『小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”』

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”


子どもの「お菓子買って」にどう答える?

我が家には、小学校2年生の男女の双子がいます。

双子たちが小学生になり、学童保育に通うようになったことで、お迎え時に一緒にスーパーマーケットに立ち寄る機会が増えました。

すると、双子たちは「お菓子を買って」と言うように。

小学生になったこともあるので、「お菓子を買って」という言葉に対してどう対応するか、改めて考えてみることにしました。

「好きなお菓子を1人1個まで購入OK」にしてもいいかなと思ったのですが、そうすると高価なお菓子を選んでくる可能性もあり、連日になると予算的にも厳しい。

そこで、我が家で許容できる範囲として思いついたのが、「100円までのお菓子であれば、好きなものを1つ購入OK」とする“100円チャレンジ”です。

100円チャレンジのルールはいたってシンプル。

①購入していないお菓子は勝手に触らないこと。

②価格表示している金額が100円より小さいお菓子を1つ選ぶこと。

この2つだけです。

双子たちに提案してみると「分かった!」と言って大喜び。

いざお菓子売り場に放たれた2人は、さっそくそれぞれ好きなお菓子を探し始めました。

自分で選んで良いとあって、その目つきは真剣です。

「このお菓子は学童保育のおやつで出るから、買わなくても食べられる。」

「あー。これが欲しいのに、100円超えてる。」

「え!このお菓子って100円で買えるんだ!」

こんな具合で夢中にお菓子を選んでおり、我が家の100円チャレンジは順調にスタートを切りました。

小学生の「お菓子買って」におすすめ!学びが広がる“100円チャレンジ”の画像

出典 : Upload By おぎ


「100円チャレンジ」が進化!たし算を使ってOKに

100円チャレンジにも慣れてきた頃、双子たちがこんなことを提案してきました。

「たし算して100円より小さい数だったら、お菓子を2つ選んでもいいよね?」

1年生は、学校でたし算を習います。

これは算数の学習にもぴったりだと思い、合計100円以下であれば複数購入OKというルールに変更しました。

すると面白いことに、100円チャレンジの中にも2人の個性が見え始めたのです。息子は、緻密に計算して100円ピタリ賞を狙おうとする。

かたや娘は、「計算が面倒くさい」と言って100円に近いもので1品狙いをする。

そうかと思えば、次の時は、娘が必死に計算してより多くのお菓子を買おうとしていたり、息子は“駄菓子パック”なる100円で買えるお得なセットを選んでいたり。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.