子育て情報『「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたこと』

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたこと


私は、水泳が大嫌いだった

小学校低学年の頃、私は泳ぐことができませんでした。

今でも覚えているのは、小学校1年生の水泳の授業のこと。

泳げる子と泳げない子でチーム分けされ、泳げない子は浅いプールで伏し浮き(壁を蹴らずにその場で浮くだけ)の練習から始まりました。

顔を水につけるのも抵抗があり、「水に浮く」という感覚も分からず、とにかく水泳の時間が憂鬱で仕方がなく……。

授業の終わりには、キラキラのボールを拾うご褒美タイムがあったのですが、私にとってはその時間さえも地獄のようでした。

結局、小学校1年生の授業では、伏し浮きがやっとというレベル。

そもそも運動全般が苦手だったので、体育の時間自体が楽しいものではなかったのですが、2年生の夏もどうにかプールの壁を蹴って「けのび」ができるようになったところで終わりました。

「できないこと」って、実は…?水泳嫌いだった私が、水泳スクールに通って気付いたことの画像

出典 : Upload By おぎ


転機となったスイミングスクール

転機が訪れたのは、小学校3年生の夏休みでした。

泳げないことが嫌だと母に相談すると、「水泳教室に通ったら泳げるようになるかもしれない」と考えてくれたようで、短期の水泳教室に通うことになったのです。

母はこの時、「短期間で集中して学んだ方が、力がつくのでは?」と考えたそうで、毎日通うコースに参加したのですが、この采配が的中。

2週間の教室が終わる頃には、私は少しだけ水泳が楽しくなっていました。

同じタイミングで、両親の仕事の都合により転校することになったのですが、せっかく水泳のコツをつかみ始めたこともあり、転居後に週2回のスイミングスクールに通うことになりました。

そのスイミングスクールでは、小学生は1年生から6年生までが同じ時間帯で、泳ぎの習熟度別にクラス編成されていました。

当然、一番下のクラスからスタートした私。周りは1年生の子ばかりです。

体は周りよりも頭2つ分大きかった3年生の私は、1年生と一緒のクラスにいることを「恥ずかしい」と感じ、早く進級したい一心でとにかく頑張りました。

水に慣れて恐怖心がなくなると、自然と肩の力も抜けて、浮くことが容易に。

そして浮けるようになると、あれだけ苦手だった「伏し浮き」や「けのび」もなんてことなくなりました。そこからは、壁をキックして長い距離を浮けるようになり、スイミングスクールへ行くことが楽しくなっていたのです。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.