子育て情報『「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。』

「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。


いろいろボックスがお片づけを救う!子どもの手を止めない仕掛け

「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

子どものおもちゃ収納について。

子どものおもちゃは多種多様で、どうしても分類するのが難しいモノがあります。

なんだかよくわからないモノ。

もしくは専用ボックスを作るまで量が無いモノなど…!

これらは、無理に分類せずに 「いろいろ」 としています。

表現は「その他」や「なんでも」などご自由に!

そのご家庭&お子さまがピンとくるもので構いません。

「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

我が家は、いろいろ大、いろいろ小と2ボックスあり、その他に「おりょうり、のりもの、たおる、にんぎょう」と4ボックスあります。(たまにブロックが入れ替わる)

これを作ったキッカケは、我が子たちの日々の観察から。

お片づけの途中で手が止まってしまったり、やりたくないと思う理由はいくつかあります。

中でも「なんか難しい」「どうしたらいいか分からない」というのが一番大きなハードルのように思います。

そのハードルを低くするために、量の調整、収納家具やボックスの選び方、ラベルの表示などを工夫していくのですが、分類も、とても大事!

ブワーッと散らかったおもちゃの海でお片づけしている時。

サッと分類できないものがあったら 「これは何?うーん……どうする?」 と手が止まりますよね。

それを 「これは何?いろいろ!」 と、子どもが一瞬で判断できれば、手は止まりません。

「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

絵本コーナーにも同じ仕掛けを採用しています。

6分類のうち、ひとつが「いろいろ」です。

全てを スパッと分類することは困難 です。

フワッとさせておくのもアリで、合理的かなと思います!

「いろいろ」がイイ感じの逃げ場となって、お片づけがスムーズに進みます。

そして、子どもに限ったことではなくて、大人の整理収納にも「いろいろ」的な場所は必要です。
「楽ちん」と「すっきり整頓」は両立する!コツは、ほんの些細なこと。の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

例えば、私の仕事の保管書類エリアには「その他 参考」というラベルがあります。

分類しきれないけど、取っておきたいものはここにイン!

あんまりキチキチしすぎるのは息苦しくなってしまうので、こういうホッとスポットがあると安心します。

一時保管の書類用バインダーにも、同じように「事務」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.