子育て情報『レジ袋に課金は1割!有料化への対応で一番多いのは?』

レジ袋に課金は1割!有料化への対応で一番多いのは?


Q.レジ袋有料化スタート!買い物の時、どうする?

レジ袋に課金は1割!有料化への対応で一番多いのは?の画像

出典 : Upload By コノビー編集部

※2020年7月7日〜8日(コノビー公式Twitterより)


以前からマイバッグを使っていた人が8割

2020年7月1日からレジ袋の有料化がスタートしました。

コンビニやスーパーでレジを通すとき、「1枚〇円ですがどうされますか?」と聞かれるようになりましたよね!

対応を聞いたところ、最多回答は「前からマイバッグを使っていた」(77%)で、他の選択肢を大きく引き離していました。

「有料化をきっかけにマイバッグを購入した」(10%)、「レジ袋に課金」(9%)はそれぞれ1割ほどにすぎません。


たまにもらうときも

コメント欄を見ると、スーパーのカゴに入るサイズのマイバッグの利用していたと言う方がコメントを寄せてくださっています。

「新型ウイルスの関係でマイバッグへの袋詰めをしてくれなくなったので、会計用のレジカゴを購入しました」

スーパーにはマイカゴが売っていますね!

カゴを買うほど、ゴミを出さない意識が高いと言えそう。

ちなみに買い物の量の少ない時は、もともと持っていた小さめのマイバッグを使われるようです。

筆者も買い物の量が多い時はマイバッグ持参でスーパーに行きます。

でもスーパーの袋って使い道が多いので、たまにお金を払ってもらうときがあります。

アンケートにご協力くださり、ありがとうございました!

(コノビー編集部:そのべ)

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.