子育て情報『厳格な父に怯えていた幼少期。息子には同じ思いをさせまいと奮闘して気づいた事』

厳格な父に怯えていた幼少期。息子には同じ思いをさせまいと奮闘して気づいた事


亭主関白で九州男児の父親

「なんしようとか!」

方言で怒鳴る父親の声を、私は今でも鮮明に思い出せます。

私の父親は絵に描いたような亭主関白で、とても厳格な人でした。

食事のマナーから
言葉遣い
身だしなみ
姿勢
などなど…

怒られるポイントは日常生活のなかに、いくらでもありました。

父親は仕事が忙しく、朝は早く出て夜遅く帰宅。

土日も仕事でいたりいなかったり。

疲れているのか、家にいるときは常に不機嫌でピリピリしていました。

私や弟がちょっとふざけただけで、「そんなことで騒ぐな!しょうもない!」と怒鳴ったり。

母親が食事の準備に少し手間取っただけで怒鳴ったりするので、父親がいると常に緊張していました。

家の中では常に、父親から怒られないようにと、親の目を気にして生活。

結果、私は何かやろうとするたびに「これをやったら周りにどう思われるのかな」と気になってしまい、なかなか自分の意志で物事を決めることができない性格に。

30代後半にさしかかった今でも、残念ながら未だにそういう傾向があります。

だからこそ、自分の子どもには怒ったりせず、子どもの自由な意思を尊重できる親になりたい!

そう強く思っていました。

ですが、いざ子どもを産んで育ててみると、思うようにはいきませんでした。

厳格な父に怯えていた幼少期。息子には同じ思いをさせまいと奮闘して気づいた事の画像

出典 : Upload By あめの


父親のようになりたくないと思っていても

私は父親のようになりたくない。

怒るのは最低限にして、いつもニコニコしている母親でいたい。

息子を産む前は強くそう思っていました。

でも、いざ産んでみると…

私はイライラしてばかりでした。

食事のマナーを教えたいのに、言ったそばから遊び食べ。

オモチャの取り合いでお友達に優しくできない。

じっとして欲しい時に騒ぐ。

危険を伴うような時だけ怒ろうと思っていたのに、言うことを聞かない息子にイライラ。

今思えば、まだ言葉もわからない息子が、大人と同じようなふるまいをするのは、発達的にも難しいことなのだと思うのです。

でも、「きちんとやらなくては」と思いがちな性格の私は、なかなかイライラを抑えることができませんでした。怒ってはいけない、でもイライラが止まらない。

「怒ったら父親のようになってしまう…!」と思いながら必死で感情を抑え込みながら、息子に向き合う毎日。

だんだん私は余裕がなくなり、不機嫌を隠すことができなくなりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.