子育て情報『気づけば楽になっていた!長期休暇中の学童保育、お弁当づくりのコツ』

気づけば楽になっていた!長期休暇中の学童保育、お弁当づくりのコツ


入学当時、不安だらけだったお弁当作り

我が家には、小学校2年生の男女の双子がいます。

双子が保育園を卒園して小学生になる時、私は戦々恐々としていました。

果たして2人は小学校生活をやっていけるだろうか……ということではなく、入学式よりも前に学童保育生活が始まる。

すなわち、私のお弁当づくりが始まるということに不安を感じていたのです。

3歳から通った保育園では、完全給食生活だったため、平日1日1回はバランスの良い食事を提供してもらえていた双子たち。

小学生になると給食が始まるので、それももちろんありがたい反面、学校がない日は学童にお弁当を持参する生活が始まります。

正直絶望でした。

保育園時代に私がお弁当をつくった経験は、運動会と遠足の時、3年間で計6回だけでした。

どうしよう……と頭を悩ませていたものの、私の不安とは裏腹に双子たちの学童生活はスタートし、お弁当生活もスタートしたのです。

気づけば楽になっていた!長期休暇中の学童保育、お弁当づくりのコツの画像

出典 : Upload By おぎ

最初の1年は、本当に試行錯誤の連続でした。

そして迎えた2年目の今年、新型ウイルスの影響で私の働き方や子どもたちの長期休暇中の過ごし方にも変化がありましたが、最近は在宅勤務の日もお弁当を準備することが苦じゃないと気付きました。

今回は、私が気づけば楽になっていた、お弁当作りのコツをご紹介したいと思います。


我が家で実践中!お弁当づくりのコツ


メインは冷凍食品で勝負!

週末になると、行きつけのスーパーで冷凍食品を買い込みます。

そこには保育園時代のママ友たちの姿がちらほら。

お互いカゴを覗き込み、「考えることは一緒だよね〜」と、お互いを労います。

平日はお弁当の買い出しをすることができないだろうという想定のもと、メインとなるおかずは基本的に冷凍食品に頼ることに決めました。

味は美味しいし、自然解凍OKのものは保冷効果も期待できる。

今の時代に生きていて、使わない手はないと思っています。

この方針決定は私の中では大正解で、1つ軸を持ったことで、お弁当作りがとても楽になりました。

気づけば楽になっていた!長期休暇中の学童保育、お弁当づくりのコツの画像
出典 : Upload By おぎ


作りおきは“スタメン”を決めて

次に準備するのは、作りおきのおかずです。

朝起きたら「お弁当箱に詰めるだけ」が理想形。

となると、前日にある程度の仕込みをしておく必要があります。

作りおきは、“スタメンメニュー”を決めることで格段に楽になりました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.