子育て情報『子どもたちが信じてやまないこと。「うちのママは魔法使い」という、特別なウソ。』

子どもたちが信じてやまないこと。「うちのママは魔法使い」という、特別なウソ。

子育てなんて、思い通りにならないことばかりだ。

あれこれ悩んだり試行錯誤したって、だいたい思い通りにはいかないし、こんなはずでは、と思うことばっかり。

一生懸命、愛情を注いでいるつもりでも、もしかしたら、子が大きくなった時に「重かった」とか「過干渉が嫌だった」と思うかもしれないし、ぐっとこらえて手を出さず見守っているつもりでも「もっと手を貸してほしかった」、「さみしかった」、といつの日かに言われてしまうかもしれない。

今やっていることが、正しいなんて思えたことなんて、全然ない。

ただ、私の中で、たったひとつ、これはうまいことやったのでは、と思うことがあるので、そのことについて今日は書いてみたいと思う。

すべての人にとって有益だとか、そういことではなくて、思い通りにならない子育において、ひとつくらいはガッツポーズをできるものがあるっていいじゃない、ということ。

そして、それがもしかして100人にひとりくらいには刺さって、お役立てできるかもしれないという小さな期待。

子どもたちが信じてやまないこと。「うちのママは魔法使い」という、特別なウソ。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

我が家の子どもたちは「ママは魔法が使える」と本気で、かなり本気で思っている。

8歳の長女も、5歳の長男も、言わずもがな3歳の次女も、みんなそれぞれ程度の差こそあれ、信じている。

きっかけは些細なことだった。

長女が幼稚園に通いだしたころ、「今日の給食はおかわりしたでしょ(大好きなカレーだったもんね)」とか、「今日はお外で遊べなかったね(雨だったし)」とか、何気なく声をかけていた。

すると、ある日、長女が「どうしてママは幼稚園に行ってないのに、幼稚園のことを知ってるの?」と、全身に不思議をまとわせて訊いてきた。

あの純粋なまなざし。そして、それに対してかわいい嘘がつける私。

「ママはね、心の目で見てるんだよ。心の目はね、『今、娘ちゃんはなにしてるのかな~』って考えると離れていても、ちゃんと娘ちゃんのことが見えてしまうんだよ」

と、伝えた。生来の妄想癖はこういう時に役に立つ。ひらめきさえすれば、息をするように嘘がつけてしまう。

この嘘の秀逸な点は、言いようによっては、ちっとも嘘じゃなというところだ。

本当のことを言ってしまえば、ただの「予測」なわけだけれど、予測はデータに基づいてするものであるし、その蓄積されたデータは私の脳内にあるわけで、そしてそれを映し出すのは愛情に裏打ちされたほかならぬ「心」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.