子育て情報『好き嫌いは、ワガママじゃない。元偏食っ子が語る、食べない子のきもち』

好き嫌いは、ワガママじゃない。元偏食っ子が語る、食べない子のきもち


カレー、ハンバーガー、オムライス

今も昔も子どもに大人気のメニューですが、驚くことなかれ、私が子どもの時に苦手だったメニューのほんの一部です。

野菜は当たり前に苦手でしたし、と・に・か・く偏食でした。

今では問題なく何でも食べられるようになりましたが、元偏食っ子の私がなぜ食べなかったのか、そしてどうして食べるようになったのか、当時の自分の気持ちを紐解いてみたいと思います!


幼稚園でなら食べるのに

これは私自身、母親になってから友達との話題でもよくあがります。

「ほんとだよね~。食べられるなら家でも食べてよ!って思っちゃう」

というのが親心ですが、子どもの頃の私の気持ちはこうでした。

ズバリ、“家は安心できるところ。無理して食べたくない”

集団生活の場では、先生や友達の目もあり、子どもながらに色々考えてしまうものではないでしょうか。

「残したらみんなに何か言われちゃうかも?」

「食べられない、って言ったらカッコ悪いかな」

食べたくないな……でも周りからどう思われちゃうかな?→「よし、もう、食べちゃおう!」

個人的には、これが「幼稚園では食べる」のカラクリなのかなと思っています。

一方、家では「これ嫌い~」と言えば親から、「まったくもう~」と言われながらも、なんとなく食事を終わらせられます。

ソファになだれ込んだら、うやむやに出来たりもします。

そういうことを当時の私は知っていたので、そっと嫌いなメニューを食卓に残し、これまたそぉっと、お風呂へと姿を消していたのでした。

ここで大切なのは、「じゃあ厳しく言えばいいってこと?」という単純な話ではないのかな、というところです。

元偏食っ子の私からすれば、苦手だけど集団生活の場では頑張って食べているお子さんを、どうかまず、褒めてあげてほしいのです。

「苦手だけど、お友達と一緒の時は食べているんだね。

えらい!お母さんも一生懸命作っているからいつか食べてほしいなぁ~」

という具合に。

子どもはいつだって、なんだって親から褒められたいもの。

そのうち「あれ?家でも少し頑張って食べたらお母さんは喜んでくれるのかな?」と前向きな方向に変わってくれるかもしれません。
好き嫌いは、ワガママじゃない。元偏食っ子が語る、食べない子のきもちの画像

出典 : Upload By 獅子えもん


ウチの子、集団生活の場でも食べません…

はい、私はもちろん、こちらのタイプでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.