子育て情報『子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。』

子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。

夫の最も愛すべき点は、とにかくなんでもおいしく食べるところ、だと思っている。

付き合いだしてから数えると、夫と食事を共にして、もう15年以上になる。

この15年間、夫は私の出した料理に対して、苦い言葉を一切言ったことがない。

9割9分くらいで「おいしい」と褒めてくれる。

だけれど、そうかおいしいのか、とほくほくして私がひとくち口に運んで、ぎょっとしたことは何度だってある。

味付けが濃かったり、極端に薄かったりして、そのたび「濃くない!?」、「薄くない!?」と確認するのだけど、濃ければ「ごはんが進むよ」と言うし、薄ければ「野菜の味がよく分かるよ」と笑顔を添えて言ってくれる。そういう人なのだ。

子どもの食べムラについて、めげずに考察してみた。結果、楽になった自分がいた。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

夫はそもそも食べることが大好きで、食べ物を口に運んで嚥下する、という動作そのものが、好きなんだと思う。

私の料理であろうと、実家の料理であろうと、市販のお弁当であろうと、彼が積極的にお残しをしているところを、見たことがない。

彼にとって、たいていの食べ物はおいしいのだ。

そして、それは見事に長女に遺伝したらしい。

長女は、離乳食が始まったその時からなんでも食べた。

手づかみ食べができるようになったころには、振り返れば野菜室から盗んだトマトを両手に持って、ほおばっていた、なんてこともあった。

8歳になった今も、常に食べたことがないものを追い求めているし、口を開けば、なにかしらを食べたいと言っている。

そして、彼女もまた、だいたいの食べ物に肯定的である。

彼女が今まで食べ物に対して、「まずい」とか、「きらい」とか、を言っているのを聞いたことがない。

一度だけそれらしい言葉を言ったことがあるのだけど、その言葉がまさかの「ちょっと○○(長女の名前)には合わない…」だった。

たしか、3歳くらいのときだったと思う。

食べ物へ対する、強いリスペクトを感じた出来事だった。

そして、長らく私は、それらは夫の食べ物に対する、ポジティブな姿勢が、大いに影響しているんだと思い込んでいた。

つまり、遺伝的な要素もあるかもしれないけれど、ひょっとして食育らしきものがうまくいっているのではと、傲慢にも思い込んでいた。というのも、私自身、料理を作るのが、どちらかと言うと好きなのだ。

作りたくないなぁ、と思う日も当然あるのだけど、野菜を延々と切るのも、コトコト煮込むのも、強火でじゃじゃっと炒めるのも、安定的に好きだ。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.