子育て情報『謝罪の言葉、今なら素直に受け取れる。子育てをして、いじめっ子の後悔に思う事は』

謝罪の言葉、今なら素直に受け取れる。子育てをして、いじめっ子の後悔に思う事は


中学3年生の時、急に仲間外れにされて

中学3年生の3学期。

一番仲の良かった女友達から、急に仲間外れにされたことがありました。

キッカケは、不良っぽい女子グループからの悪ふざけの誘いに、その子が乗ったこと。

仲良しの子がいない中学生生活というのはとてもやりにくい。

教室を移動する時。

班を作る時。

体育の時間にペアで柔軟運動をする時。

孤独だし、そのグループからはコソコソ笑われ、毎回気まずく、恥ずかしい思いをする羽目になりました。

元々は、仲良し二人組だった私たち。

その女友達以外にも友人はいましたが、グループやクラスが違い、すぐに仲間に入れてもらったり、一緒に行動したりはできませんでした。

私はどんどん学校に居場所が無くなり、ある日突然、イヤイヤ学校に行くのがバカらしくなりました。

学校に行かなくなった私は、親に怒られ、先生が家庭訪問してくれたりしましたが、「いじめられて仲間外れにされている」と、どうしても言うことができず……。

なにかと仮病や嘘で突き通し、数週間休み続けました。

でもある日、ついに母親が思い詰めた顔で「アンタが学校に行かないなら母さんは実家に帰る!」と荷造りを始めてしまい……。

慌てた私は、仕方なく通学を再開。

私は他の友人のグループに入り、結局、卒業式までその女友達と仲直りすることはありませんでした。

そして月日は流れ大学生になり、そんなイザコザは忘れかけていた大学4年生の夏。

数年ぶりにその女友達から連絡があったのです。

謝罪の言葉、今なら素直に受け取れる。子育てをして、いじめっ子の後悔に思う事はの画像

出典 : Upload By あめの


思いがけず、電話で謝罪を受けて…

実はその電話の数時間前。

中学生時代の他の友人から連絡があり、「どうしても話したいことがあるから電話番号を教えてくれと言われた」とのことでした。

なんだろう…と思いつつ電話に出ると、なんとそれは、中学生の頃の仲間外れに対する「謝罪」の電話でした。

「悪ふざけのつもりで、本当に傷つけてごめんなさい」

「私はなんてひどいことをしたんだ、とすごく後悔した」

とひたすら謝られました。

その友人は高校卒業後すぐに結婚し、若くして母親になったそうです。「自分が母親になって、初めてことの重大さに気付いた」

娘さんを育てるにつれ、自分が中学生の時に私にしてしまったことへの後悔や申し訳なさでいっぱいになり、どうしても謝りたくなった、とのことでした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.