子育て情報『パパにただいまって言いたいの!不在がち夫に息子が激白。その成長に涙のワケは』

パパにただいまって言いたいの!不在がち夫に息子が激白。その成長に涙のワケは


夫の期限付き在宅勤務がもたらした、思わぬ反動

わが家の夫は基本的に仕事で不在がちです。

休日関係なく出張が多く、そうでない時は朝早く出勤・夜遅く帰宅という生活リズムのため、在宅時間は非常に少ないのが普通でした。

ですが時節柄、ここ最近は出張が無くなり在宅勤務に。

この変化にパパ大好き!な3歳息子は大喜び。

家事育児を基本的に1人で行っていた私も、協力的な夫のおかげでものすごく楽になり、安定した日々が続いていました。

ですが最近、徐々に通常勤務に戻っていった夫。

出張はまだ少ないものの、朝早く出て夜遅く帰るように。

それに対して不満なのが、パパにベッタリだった3歳息子です。

パパのいない寂しさも相まって、だんだんとグズりが激しくなっていきました。

パパにただいまって言いたいの!不在がち夫に息子が激白。その成長に涙のワケはの画像

出典 : Upload By あめの


息子から夫へ、拙いけれど思いのこもった言葉

朝起きて、父親がいないと「どうしてパパいないの、パパがいい!!」と大泣き。

夕方、保育園に迎えに行くと必ず「パパ、家で待ってる?」と聞いてきます。

「お仕事だからいないよ」と伝えると、「なんでぇぇ、ママはイヤ!パパがいいのに!」と、涙を流して大ぐずり。

さらに帰宅後も、不機嫌は続き、

「パパとお風呂に入る!ママとは入らない!」

「ご飯、パパと食べたかった!」

などと、反抗のオンパレード……。

なだめたり気をそらしたりしつつも、最後は叱るような形になりながらお風呂やご飯をなんとか終えます。

これまでの数倍の労力を費やす日々に、私もグッタリ。

そして「パパがいい」と必ずセットになっているのが「ママじゃダメ」。

普段から色々とお世話しているのは自分の方なのに、息子から否定されているような気持ちになり落ち込むことも増えてきました。

そしてやっと迎えた休日。

パパがいることで、ご機嫌の息子。

久しぶりにパパとゆっくり遊べる!と本当に嬉しそうなその笑顔を見て、通常勤務に戻らなければいいのに…とすら思ってしまう私がいました。

そんな休日の夜。

食卓で、息子が夫に言いました。

「ねえパパ、僕は、パパにおかえりって言って欲しい。そしたら、僕はパパにただいまって言うから。そういうのがいいの。」


はたして夫の返事は、息子に伝わるのか?

それはシンプルだけど、息子の思いがギュッと詰まったような言葉でした。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.