子育て情報『予約取れん!病院でギャン泣き!親ライフがゼロになりがちな予防接種クエスト』

予約取れん!病院でギャン泣き!親ライフがゼロになりがちな予防接種クエスト


予防接種は続くよどこまでも

この程、我が家の長男が 定期と任意とにかくすべての予防接種をコンプリートした。

第1子の長男を産んで育てて11年。

長男を育ててきた3つの自治体、そしてその時にお世話になった医療機関の先生方の手で母子手帳の『予防接種』欄がきれいにすべて埋まった日は、結構感無量だった。

「いやー終わりましたね長男君」

「終わりましたな、お母さん」

自分の体に針を刺す事が好きな人は大人にも子どもにもいないと思う。

でも長男は度を越して痛みに敏感で、少し前に採血をする事があった時なんか、説得する段階で30分近く親子で言い合いになり、いつものんびりした口調の優しい主治医から

「ごめんやけど、外で話し合ってきて」

と一度診察室を追い出されたというなかなかの男で、私達親子はこれまでの歴戦の証を目の前に互いの健闘をたたえ合った。

「頑張りましたな長男」
「頑張りましたなお母さん」

そして私はその長男の手を取ってこう言った。

「で、今年のインフルエンザの予防接種ですが」

そういう事を言うと、息子はスタコラ逃げていく。

予約取れん!病院でギャン泣き!親ライフがゼロになりがちな予防接種クエストの画像

出典 : Upload By きなこ


予約競争激化中

そう、乳児から児童の時代の11年をかけて母子手帳に記載してある予防接種をすべてコンプリートしても、冬の訪れる前、紅葉が始まる直前の今頃の季節にはインフルエンザの予防接種がやって来る。

年中行事なんだからもういいかげん慣れなさいよと思うけど、長男もそして今9歳の長女もこのインフルエンザの予防接種の予定がカレンダーに書き込まれると心中穏やかではないようで。

「えー!マジか!?」

カレンダーの予防接種という書き込みを見つけて頭を抱えている長男を「ハイ、マジでございます」と一刀両断するのもまた秋の恒例行事。

まだカレンダーに書き込まれている文字が読めない次女だけが何も知らずに

「ビョーイン?イキターイ!」

嬉しそうに諸手を上げる。

基礎疾患持ちの次女は生まれてこの方、月に1回は足を運ぶ大学病院に慣れ親しみすぎて、というよりも生後2ヶ月から担当してくれている主治医が好き過ぎて、病院に行くという事自体がもう遊びに行くのと同義になってしまっている。しかし昨今の予防接種の予約の困難ぶりは何なんだろうか。

我が家よりもう少し牧歌的な地方に住んでいる知人友人からは「え?そう?予約して打ちにいくだけじゃん、何がそんな大変なの」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.