子育て情報『末っ子の成長欲の源は、「自分がいつも下」だということだった。』

末っ子の成長欲の源は、「自分がいつも下」だということだった。

3歳の末っ子がここの所、じゃんけんブームの中にいる。

なにかにつけ、じゃんけん。遊びと言えばじゃんけん。さらには、賢さと言えばじゃんけん、であるらしい。

ようやくじゃんけんの理屈がわかってきた末っ子は、最近ここぞとばかりに、じゃんけんの知識を披露している。

たぶん、彼女にとって、グーがチョキに勝つとか、チョキがパーに勝つとか、パーがグーに勝つとか、それらの仕組みが長らく闇に包まれていたんだろう。

姉兄のじゃんけんに、今までも加わっていたんだけれど、自分が勝っているのか負けているのかまでは理解ができず、姉や兄に「じゃあ、負けたから鬼ね」やらなんやら、突きつけられる答えだけが、すべてだった。

それが、この勝敗の理屈が分かるようになったんだから、きっと目の前が拓けるような心地だったと思う。

そして、どうやら、「私、とってもお姉さんになった」と思ったんだろう。

末っ子の成長欲の源は、「自分がいつも下」だということだった。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

先日、お友達のお宅に赤ちゃんが生まれたというので、お邪魔した。

長女も長男も、ほくほくと赤ちゃんを眺めて触れて、かわいいねかわいいね、と言い合った。

子どもたちが、楽しく遊んでいると、ふと末っ子がベビーベッドにかじりついていて、なにやら赤ちゃんに向かって話している。

どおれ、と聞き耳をたてていたら、まさかのじゃんけんをレクチャーしていた。

赤ちゃんの握ったおててを見て、グーを連想したのかもしれない。

小さな小さな声で、「チョキが負けちゃったから、次はパーしてね、○○(自分)はチョキするから、そしたら○○(自分)勝つからね」とかなんとか。

それはそれは、小さな声で話していた。

いつも兄姉に、あれこれ言われるがままの末っ子が、やっと見つけた、自分より小さい存在。

その彼に向けた、最初の言葉がそうか、じゃんけんなのか、と感心するやらかわいいやら、頭が忙しかった。

末っ子の成長欲の源は、「自分がいつも下」だということだった。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

またある時は、兄と姉がなにやら口論しているのを、末っ子が頬杖をついて眺めていた。

ああしょうがないわね、といった風情がよく出ていた。

本人にもそのつもりがあったんだろう。

ああしょうがないわね風情を出すために、それらしいなにかを言いたかったらしい。

小さな声でため息交じりに、なんごとかを言い出したので、耳をそばだてて聞いていたら、やっぱりと言おうか、それもじゃんけんだった。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.