子育て情報『家族で感染症対策したいのに……。注射嫌いな夫の意識を変えた、ある作戦』

家族で感染症対策したいのに……。注射嫌いな夫の意識を変えた、ある作戦


注射が苦手な夫の驚くべきひと言

夫は注射が大の苦手。

針が自分の皮膚に入ってくる感じが、どうしても受け入れられないのだそうです。

基本的に健康体で体力もあるため、ここ10年くらいは注射や点滴を打つ場面もなく過ごしてきた夫。

結婚した時に今後の妊娠に備えて、採血を伴うはしかの抗体検査を受けてもらおうと説得するのも一苦労。

なんとか了承してもらえましたが、検査を受けたその日は一日中、夫の顔色は真っ青でした。

そんなわが家にも2人の子どもが産まれました。

そしてある年の秋、なるべく家族全員で健康に過ごすために、インフルエンザの予防接種を皆で受けようと夫に話したところ、返ってきた言葉にびっくり。

夫の返事は「いや、俺はいいよ」でした。

家族で感染症対策したいのに……。注射嫌いな夫の意識を変えた、ある作戦の画像

出典 : Upload By あめの


まさかの予防接種、断固拒否

「俺はいいよ」

つまり、予防接種を受けない、ということ。

子どもが注射をいやがるのは覚悟していましたが、まさか夫が予防接種を受けないと言い出すとは、全くの予想外でした。

私はすぐに「いやいや、一番インフルエンザにかかりそうなのはあなただよね」と考えました。

私は在宅ワーク。

それよりも、全国を出張で飛び回り、色々なお客様と会う機会のある夫の方がインフルエンザウィルスを家庭に持ち帰る可能性があります。

不在がちの夫はたしかに、家族に感染させるリスクは低いかもしれない。

でも、だからといって予防接種を受けないでいい理由にはなりません。

そんなことわかっているはずなのに……と思い、「何で?」と聞いてみると、即「注射がイヤだから」との返事。

じゃあ、子どもたちが病気になったら?

仕事を中断して、病院に連れて行って、看病するのは全部私です。

そして、子どもたちから病気をうつされるのも、これまで、いつも私でした。

何だか不公平だし、しかも自分が注射が苦手だからと言って、感染症対策に万全を尽くさないのは家族の一員として「無し」だ。

だんだんと怒りが湧いてきました。

また、インフルエンザは大人でも重症化リスクがあり、以前自分が1週間高熱を出して寝込んだ時はかなりつらかったという経験もあります。夫にも、そんなつらい思いをしてほしくない……とも思いました。

ただ、夫の注射嫌いは根強く、説得にもかなりの労力が必要そう。

そこで、私は一つのアイデアを思いつきました。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.