子育て情報『クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。』

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。


遺伝子の仕事とは

初めて妊娠して出産に臨む時、妊婦の感情の成分の99%位は、不安に占められている気がする。

私が初めてのお産に挑んだ11年前は大体

陣痛って自覚的に判断出来るんだろうか
ただの腹痛だと思って全然気が付かなかったらどうしよう
そして噂に聞く痛みには耐えられるのか
何か途中でとんでもないアクシデントに見舞われたら
そして何より無事我が子を産むことができるのか。

普段から健康で、かつ妊娠中に取り立ててトラブルの無かった妊婦の私でさえこう思ったのだから、色々山と谷を越えてきた妊婦さんの胸中にはもっと物凄い物が渦巻くと思う。
多分、そうですよね。

でも、あとの感情成分1%は、私に関してはこういう事だった。

「で、生まれたら子どもの顔は私に似ているのかな、それとも夫?」

それで初産としては比較的安産の範疇、陣痛24時間、分娩室入室約2時間で世界にお目見えした第1子、長男の顔面を助産師さんから

「おめでとうございます2890gの男の子ですよ」

という言葉と共に拝した時、私の口から出てきた言葉はこうだった。

「夫を産んでしまった…」

長男の顔面は一部の隙も無く夫の遺伝子が占有していた。

クセや性格までソックリかも?遺伝子よりも「一緒の時間」で似ていく親子。の画像

出典 : Upload By きなこ


似ていると言うのは嬉しい事

健康な我が子を自分の体の無事と共に神様から頂いたのだから、つまらない事で文句を言うのは筋違いというか、贅沢なのは重々わかっているけれど、私は新生児の息子の顔面を見るたび、何か腑に落ちなかった。

妊娠中のつわりとか、体調不良とか、飲酒禁止とか、貧血で満員電車通勤とか、様々の艱難辛苦を乗り越えてきて、生まれてきたのが夫が細胞分裂して生まれたかのように夫成分100%の顔なのは、いやこれは明言すると良くないのかもしれないけど、頻回の授乳とオムツ交換に疲れ果てて暗黒面に落ちつつあった新米母の内面にこんな感情を湧き上がらせた。

「なんか、つまらん…」

新生児期を経て、顔や体にフクフクと肉がついてきた長男は、日を追うごとに益々夫そっくになり、よく見ると爪の形まで夫と同じだった。

その夫は長男が誕生した当時はまだ20代、知人友人の中では割と早く子どもを持った方で、周囲で乳児が珍しいのも手伝って色々な人達が手土産持参で長男の顔を見に来てくれた。その人達はまずベビーベッドに転がる乳児の顔面を見て

「うわ、夫君おるやん!」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.