子育て情報『抜けた乳歯、捨てる?取っておく?どう取り扱うか、迷った末にこうなった。』

抜けた乳歯、捨てる?取っておく?どう取り扱うか、迷った末にこうなった。

抜け落ちた子どもの乳歯を、どうしたらいいのかわからない。

皆さん、どうされているんだろう。

長女はもう小学校2年生なので、すでに数本の乳歯が抜けている。

なんだけれど、その1本たりとも今、手元に残っていない。

最近では、抜けた歯をきちんと取っておくための、かわいらしい小箱が売られているらしい、というのは知っていた。

知っていはいたんだけれど、その小箱もインターネットでちょこっと調べただけで、いろんなデザインや種類が用意されていて、動揺した。

どれを選べばいいやら、ちっともわからない。

人生で、人の歯を仕舞うために、箱なんて買ったこともなければ、箱に仕舞われた歯を見たこともないのだし。

抜けた乳歯、捨てる?取っておく?どう取り扱うか、迷った末にこうなった。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

どれ、とレビューを読んでみたら、なんと言ったらいいのか、乳歯へ向けた情熱的な何かに、なんだかちょっと気圧されてしまった。

だって、これは、成長?代謝?なんだかよく分からないけれど、一般的な生理現象の一部であって、彼らの努力とか、忍耐とか、鍛錬とか、なにひとつ関係のない世界で起きていることなのに。

そんなに、胸を高鳴らせて仕舞うのでは歯のほうにも、ちょっと意味を持たせすぎて申し訳ないような気がしてくる。

それは、切られた爪と、抜け落ちた髪の毛と、いったいなにが違うんだろう、と情緒が欠けた私は思ってしまうのだった。

子どものあらゆる側面に、メモリーとかパッションを持つことは、それはそれは素敵なことだと思うし、そういう発想はとても心が清いな、とは思うのだけど。

抜けた乳歯、捨てる?取っておく?どう取り扱うか、迷った末にこうなった。の画像

出典 : Upload By ハネ サエ.

「身体から不要になったものが、排除されただけでは」、というこざっぱりとした思いと、「いえいえ、昨今では子どもの抜けた歯は大切に仕舞われて、かわいらしい小箱に収納されるんです。それが新しい時代、新しい風ですよ」、という思いが、交互にやってくる。

その証拠に、ただの歯では、と思っているくせにきっと、もしも母に「捨てたらいいじゃない」と言われたら、ムッとするであろうことも容易に想像がつく。難しいのだ。

そんな風に、抜けた歯に対する、明確な方向性を示すことができないまま、長女の歯は、一本、また一本と抜け落ちて、立派な永久歯もいくらか生えてきた。抜けた歯は、長女がお友達から聞いたらしい「トゥースフェアリー」という儀式をなぞって、最後のお役を終えた。

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.