子育て情報『そこはパンドラの箱だった!息子のランドセルの中に、驚きの事実』

そこはパンドラの箱だった!息子のランドセルの中に、驚きの事実


開けてしまったランドセル

我が家には小学校2年生の男女の双子がいます。

ある晩のこと、子供たちが眠った後のリビングに、息子の置きっぱなしの筆箱を見つけました。

明日忘れるかもしれないから、入れておいてあげよう。

そう思って、普段は開けないランドセルを開けてみたところ

それは開けてはいけないパンドラの箱でした……。

というのは言いすぎですが、思わず目を覆いたくなるような光景が。

乱雑に詰め込まれた教科書とノート。

クシャクシャになったプリントの束。

大量の折り紙の奥には、学童保育で余ったと思われるお菓子が潰れていました。

そこはパンドラの箱だった!息子のランドセルの中に、驚きの事実の画像

出典 : Upload By おぎ


クシャクシャのプリントの正体

思えば我が家では、双子たちが保育園の頃から、自分のことは自分で準備するようにしてきました。

小学校1年生になったとき、最初のうちは時間割の準備を、私も一緒に見ていました。

そのうち自分たちで持ち物を揃えられるようになったので、その後は双子たちの自主性に任せていたのです。

その結果、こんなことになっていたなんて。

ギョッとして、娘のランドセルも見てみました。

対象的にきれいに整理されていて、明日の時間割が揃っていて、文句なしの準備がされていました。

双子とはいえ、それぞれが別の人間。

こうもちがうのか、と実感したのでした。

息子は、こんなゴミ溜め状態のランドセルで学校に通っていたなんて。

そう思って、クシャクシャになったプリントを広げてみると、それは今まで息子が提出した(はずの)宿題でした。

どういうこと?

宿題を毎日やっていることまでは確認していました。

まさか息子が提出していない?

数えてみると、20枚はありました。

ここ1ヶ月ぶん…。

息子を起こすわけにもいかず、翌朝話を聞くことにしました。

そこはパンドラの箱だった!息子のランドセルの中に、驚きの事実の画像

出典 : Upload By おぎ


息子の言い分

翌朝少し早めに息子を起こし、筆箱をいれようと思ってランドセルを開けた話をしました。それを聞き、息子は慌てた様子。

「プリント見たよ」と伝えると、気まずそうな表情をして、黙り込んでしまいました。

きっと見られたくなかったのでしょう。

「宿題、やったのに出してなかったの?」と聞いてみても、だんまりです。

一枚一枚見てみると、ちゃんと全部問題は解いてあるのです。

「今までの宿題、全部やってるのに学校で出さなかったの?」

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.